御岳山・日の出山
 連休中日。
 近場で、ハイキングをできそうなところということで、御岳山、日の出山に行くことにしました。6時30分出発。順調な滑り出しだったのに、「高井戸ー八王子間事故渋滞20キロ」
でました~!!!国立府中で降り、ひたすら下の道を。
3時間以上かかってやっと御岳山ケーブルカーの滝本駅へ到着。

e0055176_222786.jpg
滝本駅からケーブルカーで御岳山駅へ。
え!山の上なのに、家並みが・・・・・
集落がある!
ここは山岳信仰の山なので、おみやげ物店、食事処、宿坊、YH、国民宿舎などがある。
御岳ビジターセンターの前を通り、樹齢1000年といわれる神代ケヤキの前を通り、石段を上り詰めると武蔵御嶽神社が見えてくる。
ここが929メートルの御岳山山頂である。
急坂、石段。結構きつかった。
武蔵御嶽神社にお参りをして、日の出山に向かう。途中「山楽荘」という宿があり、ちょっとよい雰囲気。
土を踏みしめながら、杉木立の中を歩くのは、とても気持ちのよいもの。
e0055176_22413456.jpg
 40分足らずで日の出山到着。
山頂には東屋が立ち、ベンチもたくさんあり、奥多摩方面、武蔵野台地、東京方面が展望できる。遠くはかすんでいるが、すばらしい眺め。
 子供連れも結構多く、登山用コンロを持ってきてカップラーメン、コーヒー用のお湯を沸かしたり、インスタントラーメンを作って食べている人が多いのにびっくり!!
途中マウンテンバイクに乗って山頂目指している人にも出会った。
 下山は、御岳ビジターセンターの先から見事なスギに囲まれた参道を歩いて滝本駅まで降りた。急勾配で降りるのには良いが、ここを登るのは相当きついと思う。



 今、中高年の登山ブームと言ってはいるが、所詮健脚でなくては登れない。すばらしいパノラマを見ることができるのは汗を流して登った人だけの特権。
ヨーロッパでは、マッターホルンでも、アイガーでも、モンブランでも、山頂近くまで登山鉄道、ケーブルカー、ロープウエーで行けて、すばらしいパノラマを楽しめる。
富士山よりも高い場所にロープウェイの駅を建設するという発想は、日本人には真似できないものがある。しかしそのおかげで、昔ならばごく一部の体力と技術を持ったものだけに与えられた楽しみを多くの老若男女が享受できるのだ。
日本でも、お年寄りでも、足の悪い人でも、気軽に山頂からの眺めを楽しめる山をもっと増やしてほしいと思う。
by nhana19 | 2005-09-18 23:50 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 社会人として大切なことはみんな... 大人のための世界の名著必読書50 >>