ディズニーシー フラワーフォトセミナー
ディズニーシーでスプリングカーニバルがオープンし、楽しいセミナーも始まりました。
その中の一つ「フラワーフォトセミナー」は、パークの景色と花をデジタルカメラで上手に撮影する方法を学ぶというものです。富士フィルム(株)協賛です。
e0055176_004627.jpgコースにコンパクトカメラコースと、一眼レフカメラコースがあります。どちらも初心者向け。
スプリングカーニバル期間内の5月4日を除く毎週月曜日、各コース10名づつ。
私たちは5人と人数が多いため、友人3人が朝6時からシーのゲート前に並んでくれました。パークオープンと同時にダッシュしてくれて、デジカメ3人一眼レフ2人無事申し込むことが出来ました。
1日1回、期間中9回しかないセミナーなので、あっというまに締め切りになってしまいました。朝早くから並んでくれた友人に感謝です。
一眼レフの2人は30分早めのセミナースタート。私たちデジカメ組3人は1時半スタート。
パークプラザで説明を受けながらお花の撮影開始~
大事なのは、すぐカメラを構えずに撮る対象物をじっくり観察すること。構える前にどこをどんなふうに撮りたいかイメージしてから構える・・・「構図」
そして、「フォーカスロック」、「マクロ」、「日中シンクロ」などをポンテベッキオ橋、ベネチアンゴンドラのあるキャナルと、フォトポジションを変えながら説明してくれました。
日中シンクロとは、昼間にストロボをたく(強制発光)ことです。昼間逆光で写すと被写体が暗くなったり、太陽で顔などに影ができるので、ストロボをたくことによってそれを緩和しようというものです。そんなことくらいもう知ってるよ・・・・・実際センスがないのでなかなか良い写真はとれない私ですが、知識としてはもう知っていることばかりだったのでちょっとつまらない。
1時間半ほどで撮影は終わりマゼランズへ。マゼランズでスペシャルデザートと飲み物をいただいている間に、セミナーで撮影した写真を1枚プリントアウトしてもらい、それに対するワンポイントアドバイスを一人一人受けました。
マゼランズでいただいたスペシャルデザートセット
e0055176_0173326.jpg
ティータイム中にプリントしてもらった写真はスプリングカーニバルのフレーム付きでした。
(花の色がよく出ていて、風景にも奥行きが出ていると一応はほめてもらいましたが)
e0055176_0183635.jpg

友人と楽しく撮影できたし、美味しいお茶もいただいたので良しとしましょう。
一眼レフカメラコースの人たちはプロ級とまではいかないけれども、かなり本格的にやってらっしゃる方が多かったと、参加した友人たちは言っていました。(友人もかなりプロ級)
by nhana19 | 2009-04-27 23:09 | デイズニーリゾート
<< 花あふれるスプリングカーニバル ディズニーシー スプリングカーニバル >>