映画 「ある公爵夫人の生涯」
遅ればせながら、「ある公爵夫人の生涯」を見に行ってきました。

世界で最も裕福な公爵の一人デヴォンシャー家に嫁いだ、ダイアナ妃直系のジョージアナ・スペンサーの生涯の物語です。
公爵家の男子の後継者を望む夫にこたえられず、華やかな生活の裏で夫の無関心や親友の裏切りに苦しみながらも生きていくジョージアナを、後継者を産みながらも夫の無関心や愛人に悩むダイアナ妃と酷似していると言っているのです。
”家”を継続・繁栄させるために女性には後継者を産む義務が課せられていたのです。昔はどこの国でもあった話です。
”先祖代々から続く家”というものがなくなりつつある現代ではあまりピンときません。
昔の宮廷の華麗さ、その当時の風俗に目を奪われた・・・だけでした。

そのあと久しぶりにイクスピアリの「響の詩」に行ってみました。
”野菜から心と身体にやさしく”をコンセプトに、ランチタイムは現在人に不足しがちな野菜を使った料理がいろいろ並んでいます。e0055176_042138.jpg
お店がオープンしたころには野菜コンシェルジュがいて、いろいろ説明してくれましたが、この頃はお客様も少なく、デザートの種類も減ったように思います。

久しぶりに行って感じたことです。

とは言いながら美味しく頂きました・・・右上のカレーはお気に入りです。
e0055176_074471.jpg
e0055176_084937.jpg

by nhana19 | 2009-05-13 16:59 | 映画
<< 映画 「天使と悪魔」とスタンプラリー 神田祭り >>