映画 「湖のほとりで」
銀座テアトルシネマに映画「湖のほとりで」を見に行ってきました。
e0055176_0341078.jpg

イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、史上最多の10部門を独占した話題の映画です。
北イタリアの小さな村での殺人事件。
マルタという女の子が車に乗せられて行方不明になります。村に赴任してきたばかりのサンツィオ刑事が呼ばれマルタの家に行くが無事に帰ってきたマルタは、マリオという男と湖に行ったこと、そしてそこでマリオから聞いたことを話します。「「湖に住む蛇を見ると、永遠の眠りにつくの。今日、その蛇が現れた。これは伝説ではないわ」と、そして湖のほとりで、湖に住む蛇を見て眠ってしまった人がいると。
村はずれの小さな湖にかけつけると、そこには若い女性アンナの死体があった。

サンツィオ刑事の捜査が進むにつれ、アンナをめぐる多くの人たちそれぞれが悩みを抱え、動機を抱えていることが明らかになってくる。
いったい、誰が、何のために、アンナを殺害したのか?
抵抗の跡もなく、なぜ死を受け入れるように穏やかな死に顔だったのか?

原作は、カリン・フォッスムの「見知らぬ男の視線」。
映画は舞台をノルウェーのフィヨルドから北イタリアへと移して作られました。

映画の後は、ホテル西洋銀地下一階にある「アトーレ」で、トラットリア パスタランチをいただき、ソニービルの入口の水槽に入っている魚を見て帰ってきました。
銀座に水族館(?!)。しばらく水槽のそばを離れられませんでした。
e0055176_2294611.jpg

久しぶりにゆっくりした”ミステリーツァー”メンバーとのひと時でした。
by nhana19 | 2009-07-27 23:59 | 映画
<< カレーパーティー 空に虹が架かりました。 >>