本州最北端下北半島へ~大湊~
9月第一土曜・日曜 青森県むつ市大湊地区で”大湊祭り”が行われていました。
大湊の、大平神明宮、近川稲荷、兵主神社、宇田八幡宮、 川守稲荷神社、の例祭を総称するもので、5つの神社氏子町から船山車が出て練り廻ります。
大神丸(大湊上町/兵主神社)、稲荷丸(大湊下町/近川稲荷神社)、弁天丸(川守町/川守稲荷神社)、八幡丸(宇田町/宇田八幡宮)、神明峰(大平町/大平神明宮)の5台。
かつては「安渡祭り」と呼ばれ、9月6・7日に行われていました。

船山車ガ練り歩くとその地区の氏子さんたちがご祝儀を渡し宮司さんにお祓いをしてもらったり、獅子舞で邪気払いをしてもらっていました。昔懐かしい風情でした。
e0055176_18523212.jpg
お祭りを見た後お昼を食べにふらりと入った駅に近いお店。 美味小屋 蛮
メニューを見てユニークなネーミングにひかれてたのんだ「アランドロンのカレー」です。ご飯の上に爆弾のようなものが載っていますが、チーズをハンバーグで包んだカツです。斉藤栄さんの下北薬研温泉殺人事件にも14ページにわたり良い役どころで登場するそうです。本読んでみなくっちゃ!
e0055176_22324268.jpg
そしてシーフードピラフ。えびとホタテがたくさん入っていました。
e0055176_22393366.jpg
今度また来る機会があったら、必ず尋ねてみようと思います。美味しかった~♪

かえりも大湊の駅から、きらきらみちのく下北号に乗って帰ります。
e0055176_22454100.jpg


語源は道の奥といわれている「みちのく」。
会津藩を没収された会津松平家は旧藩士と家族1万7千人余りでこの地に移住し、新しく「斗南藩」と命名されました。この地での生活は過酷を極め、不毛の大地で寒さと飢えに苦しみ、亡くなったり、娘を売ることを余儀なくされたりした藩士も多々あったそうです。本当に「みちのく」を実感した3日間でした。

帰りの陸奥湾には”天使の梯子”がかかっていました。
e0055176_238141.jpg

by nhana19 | 2009-09-06 23:05 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 友達の誕生日 "めぐ... 本州最北端下北半島へ~下北半島1周~ >>