2010 お花見 Ⅲ ~日比谷公園~
買い物の流れで日比谷公園に寄ってみました。
昼下がりの公園では、ベンチに座っている人、散歩中の人など、それぞれに憩いのひとときを過ごしていました。このエリアだけ時間がゆったり過ぎている気がしました。
日比谷公園は、日本人のための都市公園として日本人の設計者によって造られた”洋式公園”としては、「日本初」といわれています。
日比谷公園を設計したのは林学博士の本多静六で、本多博士はこの後、福島県の鶴ヶ城公園や埼玉県の羊山公園、福岡県の大濠公園など、各地の代表的な公園造成に携わり、「公園の父」とも呼ばれているそうです。
チューリップがきれい~♪
e0055176_22511463.jpg
e0055176_22512896.jpg
雲形池には『鶴の噴水』があり、鶴のくちばしから水が上がっていました。
この噴水は案内板によると、明治38年ころ東京美術学校(現在の東京芸大)の津田信夫、岡崎雪声氏に依頼制作したもので、公園などでの装飾用噴水としては、日本で3番目に古いものとのことです。
ちなみに、1番目は長崎諏訪神社、2番目は大阪箕面公園だそうです。
e0055176_2364989.jpg
e0055176_237230.jpg
e0055176_237477.jpg
遠くから見たらモクレン?コブシ?と思われるほど白く見えた桜はアマギヨシノ(天城吉野)
e0055176_23104360.jpg

日比谷公園は歴史があり見どころもたくさんあるのですね。
五月下旬のバラの季節に又訪れてみたいと思います。

3日続きのお花見を楽しみました。
by nhana19 | 2010-04-01 23:07 | 日々徒然
<< 2010 お花見 Ⅳ ~千鳥が... 2010 お花見 Ⅱ ~浅草~ >>