マネとモダンパリ
三菱一号館美術美術館に『マネとモダンパリ』展を見に行ってきました。
モネ、ルノアール、セザンヌ、コロー…など印象派の画家の作品は頭に浮かんでも、さてマネってどんな絵を描いていたっけ?
あまり作品の印象の薄い画家でしたが、今日展示作品を見ていて・・・
《すみれの花束をつけたベルト・モリゾ》 《オランピア》 知っている~!
この会場には今回来てはいなかったけれど、《草上の昼食》《笛を吹く少年》そういえばこんな絵画もあったっけ~…
見ているうちに色々思い出してきました。

面白かったのは・・・
《エミール・ゾラの肖像》で、ゾラの背後に、二代目歌川国明による多色刷浮世絵木版画『大鳴門灘右ヱ門』や絵師尾形光琳風の屏風絵が描かれています。この絵を見ているとマネ自身が日本趣味であったことがうかがえます。
《浜辺にて》の 朱と黒の額縁は漆塗り???
《秋(メリーローランの肖像)》の背後の花柄は和風・・・
こんなことを考えながら結構面白く観ることができました。

丸の内ブリックスクエアでランチをしようと思って行ってみたのですが、結構混んでいて、3F一番奥にある「銀座十時丸の内店」というお店に入ってみました。
e0055176_23303170.jpg

私たちが口あけ、誰も入っていない・・・どうする!
でも思い切って入ってみました。
カウンターのある小さな店内、奥にはカーテンのかかった舞台が。なんだろう?夜ここで何かやるのかもね。ライブでも?ショーでも?などと言いながら食事をしていたら、そのあとどんどん人が入ってきて、店はあっという間に満席になってしまいました。
頂いたのは、平日ランチ「ドリンク&サラダバー付」
e0055176_23294376.jpg
e0055176_2330049.jpg
サラダの種類は少ないけれど美味しくてお代わりをいただきました。
デザートは1種類しかなかったので、場所を変えてアフタヌーンティー・ティールームでお茶を。
大好きなアップルパイをオーダー。
e0055176_23433934.jpg

最近私の住んでいるところでは、「コージーコーナー」「モーツァルト」の2店舗が先日閉店しました。アフタヌーンティー・ティールームが開店したらいいのにな~

家に帰って「銀座十時丸の内店」を調べてみたら、何とここはマジックバーだったのです。
私たちの入っていた時間帯はランチのみ。2時を過ぎると、予約状況に応じてティータイムショーがあるそうです。
ショーは結構高そうですが、ランチだけだと1200円。とてもお得感ありました。
by nhana19 | 2010-04-30 21:52 | 日々徒然
<< ダッフィー&シェリーメイ ぬい... 旧島津公爵邸内見学ツァー >>