フランス周遊Ⅳ ~トゥール・ ブールジュ・ リヨン~
朝食が一番美味しい!と言ったらしかられそうですが、ホテルの朝食は美味しい♪
e0055176_21572292.jpg

フランス中部のロワール川流域 に位置するトゥールは、古城巡りで有名な町です。
ロワール川の支流シェール川の上にかかるシュノンソー城は『六人の奥方の城』とも言われ、16世紀から歴代、女性が城主でした。アンリ2世の愛人だったディアーヌ・ド・ポアチエと正妻のカトリーヌー・ド・メディシスとの熾烈な確執が繰り広げられた城としても有名です。
今日はちょっと小雨のスタートになりました。
e0055176_2335441.jpg
左側が愛人ディアーヌの庭園、右側が正妻カトリーヌーの庭園です。
e0055176_23374510.jpg

ブールジュではフランス最大のゴシック建築であるブールジュ大聖堂(サンテティエンヌ大聖堂)を見学しました。荘厳な聖堂でした。
e0055176_23504781.jpg
そしてランチを。前菜のジャガイモのパイが美味しかった♪
e0055176_23533089.jpg
これからリヨンまで300キロ、約5時間の移動です。東京から仙台までくらいかな?
いつの間にか晴れてきました。
e0055176_235876.jpg
e0055176_2359343.jpg
リヨンのフルヴィエールの丘が見えてきました。
e0055176_005544.jpg
ペストが流行った時、リヨンのひとびとがフルヴィエールの丘にあるノートルダム聖堂のマリア像に祈りを捧げたところ、流行が治まったといわれているマリア様が、リヨンの市内を見守っています。
e0055176_08357.jpg
e0055176_0165215.jpg
今は夜の7時25分。丘の上からは世界遺産であるリヨンの旧市街や遠くにはアルプス山脈も見ることができます。 また、フルヴィエールの丘のふもとにあるサン・ジャン大聖堂は、1600年フランス王アンリ4世がマリー・ド・メディシスと結婚式を挙げたとされています。
e0055176_0281799.jpg
夕食をいただいて
e0055176_0215324.jpg
お休みなさ~い。
by nhana19 | 2010-09-15 23:53 | 旅&歩く&見る&食べる
<< フランス周遊Ⅴ ~アヴィニヨン... フランス周遊Ⅲ ~モンサンミッ... >>