アンリ・シャルパンティエ 銀座本店
義妹が仙台から来たので、銀座で会ってお茶することにしました。
はいじめに行ってみたのが、キルフェボン グランメゾン銀座。残念ながら30分待ちと言われ,久しぶりに、アンリシャルパンティエ 銀座本店に行ってみました。
お店に入ると天井まで本棚がありますが、どれが本当の本で、どれがフェイクでしょう。
e0055176_20562364.jpg

螺旋階段を下りたところにティールームがあります。
アンリ・シャルパンティエといえばクレープシュゼット。
客席にワゴンを運んでその場で仕上げてくれます。思わず青い炎に見とれてしまいます。
フランベの後は甘いグランマニエの香りが漂い、その場でサーブしてくれます。
e0055176_2133996.jpg
e0055176_213521.jpg
お手洗いへ。
「螺旋階段の左奥にあります。」とお店の方が教えてくれたのですが、どこを見ても本棚。どこ?どこ!とうろたえながら、ちょっと焦り気味。
こちらです。 え?・・・
たしかにスポットライトの下に「PUSH」とありますが、押していいの?
だまし絵ならぬ、隠し扉ですね(笑)
e0055176_21144884.jpg
トイレの中はこんな感じ。左側が個室の扉。右側は手を洗うところです。
e0055176_2115124.jpg

どこか違う世界へ行ったよう。
「芦屋を郊外の邸宅、銀座をパリのアパルトマン」というコンセプトでデザインされた空間ということですが、なるほどうなずけます。とにかくおしゃれ!

ゆったりと、別世界にあそびたい時にはお勧めです。
by nhana19 | 2011-05-26 23:15 | 日々徒然
<< 防災体験学習施設 そなエリア東京  ブライトンホテル 鉄板焼 燔(... >>