日比谷公園 松本楼 10円カレーの由来
日比谷公園まで行くのは久しぶりです。
せっかく来たのだからと、松本楼で遅めの昼食をいただくことにしました。
e0055176_23532786.jpg

夏野菜のドライカレーに。添えてあるタンドリーチキンがとってもおいしかった♪
e0055176_2354865.jpg

松本楼と言うと10円カレーを思い出します。
10円カレーチャリティのきっかけは、1971年(昭和46年)11月19日、沖縄返還協定反対デモが日比谷公園内で激化し、その中で過激派学生の投じた火炎瓶が松本楼を直撃し、焼失しました。その後、全国からの暖かい励ましに支えられ2年後に再オープンしました。
その時の感謝の心をこめた記念行事として「10円カレーチャリティ」が始まったそうです。
1973年以来毎年9月25日に限り、ハイカラビーフカレー(850円)が、先着1500名に限り10円で振る舞われます。
一緒に行った家族がこのハイカラビーフカレーをオーダーしました。
e0055176_23563184.jpg

この売り上げは、交通遺児育英会や日本ユニセフ協会、1995年には阪神淡路大震災の義援金として寄付されています。
昨年度は2,116人が来場し、527,430円の寄付金が集まりました。これに松本楼さんの20万円を併せて交通遺児育英会、阪神大震災、ユニセフに寄付されました。
今年の9月25日は日曜日に当たります。できたら、チャリティーに参加して、東北大震災の方々への義援金の一部にしてもらえたらと思います。
日曜日なのでたくさんの人が来られるでしょうね。
by nhana19 | 2011-08-28 23:15 | 日々徒然
<< ディズニーランドホテル ”シャ... 第33回浦安花火大会 >>