鏡開き
今日は鏡開きよ、と友達に言われ、そうだった・・・と、お汁粉を作りました。
私の田舎では、鏡開きは15日の小正月でした。
臼で搗いた餅は15日になると重なったところが黴て、ひび割れがたくさんできます。
荒く砕いて焼いてお汁粉に、小さく砕いてあげ餅に、母がしてくれました。
私はお汁粉派。母がお汁粉が好きで、小豆を煮て木綿の袋で濾して、年末にたくさん作って送ってくれました。
母が亡くなってからは、濾し餡を買っています。私自身で作ったこともあるのですが、手間が大変。母はよく作ってくれたと今では感謝しています。

お互いの育った環境は自然に受け継がれるもので、夫と私では違います。
だからお互い自分の好きな風にして食べます。
*・シュウマイに私はソース。夫はからし醤油。
*・目玉焼きに私はソース。夫は醤油。
*・私はお汁粉派。羊羹も本練りが好き。夫はぜんざい派。羊羹も小倉が好き。
羊羹を戴いたらお互い好きなほうを食べます。小豆を煮てぜんざいも作ります。
*・ところてんに私は三杯酢(砂糖・酢・醤油)。夫は二杯酢(酢・醤油)とからし。
大阪に住んでいたときに、スーパーで売っていたところてんに黒蜜が付いていたので、それをかけて食べてみましたがだめでした。洗って、お互いの味付けで食べました(笑)
葛切りは黒蜜で食べますが、ところてんはね…

鏡開きといってもこんなもの(笑)
e0055176_18232929.jpg
お汁粉といってもこんなもの。でも、美味しかった~♪
夫は今日は飲み会です。明日の朝夫には食べてもらおうと思います。
e0055176_18252710.jpg

元旦にホームベーカリーをいただいたので、年末にこれで餅をついて、今度のお正月には格好は悪くても鏡餅を作って飾ろうと思います。
e0055176_18372470.jpg

by nhana19 | 2012-01-11 18:31 | 日々徒然
<< おくればせながら・・・ディズニ... イクスピアリ Your Spe... >>