目黒雅叙園 百段雛祭り
晴れて青空が広がっていたらゲートブリッジ、お天気良くなかったら目黒雅叙園ね…と言って、駅前9時に待ち合わせ。お天気いまいちだったので、お雛様を見に行くことにしました。

目黒で降りて行人坂を降りるのですが同じ方向に行く人の何と多いこと。
目黒雅叙園のロビーには村井真緋恵さんの「葵祭りを愛でるお雛様」。愛らしい♪
e0055176_2012936.jpg
百段階段を踏みしめながら一部屋一部屋見て歩きます。
お雛様たちはそれぞれ趣がありとても素敵です。
草丘の間(そうきゅうのま)に入って、「饅頭喰い人形」を見たときはこれは何かな?と思いましたが・・・説明書きを見て笑ってしまいました。
暇なある御隠居さんが子供に「お父さんとお母さんとどちらが大切かな?」ときいたところ、子供が手に持っていた饅頭を二つに割って「この二つのうちどちらが美味しいでしょう。」と言ったそうです。御隠居さんはなんて賢い子だろうと感心したそうです。
それから子供が賢く育ちますようにと願いを込めて「饅頭喰い人形」が作られたとか?・・・というようなことが書いてあったような。本当に賢い受け答えですね。
特に気に入ったのが、「星光の間」の天井や欄間に描かれていた板倉星光の四季草花。
そして「清方の間」。鏑木清方が愛着をもって造った落ち着いた静かな茶室風の室。この部屋も欄間から天井からもう素晴らしい。
お雛様のないときにもう一度部屋部屋をゆっくり観てみたいです。

人の多さに目黒雅叙園で食べるのはやめにして、早々に銀座へ移動。
ミキモトのビルの3Fラウンジでゆっくりとランチすることにしました。
e0055176_2039282.jpg

ゴボウのスープ
e0055176_20365145.jpg
フレンチトーストとキッシュのセット
e0055176_20371552.jpg
マカロンと香りのよい紅茶
e0055176_20374927.jpg

私はフランスパンで作るのですが、ブリオッシュ生地のフレンチトーストも美味しかったです。
by nhana19 | 2012-02-22 20:22 | ミステリーツァー
<< ディズニーシーへ 第36回リアルサンプリングプロ... >>