春を告げる魚 イカナゴ
明石沖で27日に解禁されたイカナゴのシンコ漁。
今年も大阪の友達がイカナゴのくぎ煮を作って送ってくれました。
明石の海で獲れる春告魚をいただく季節になったのですね。
e0055176_23361036.jpg

イカナゴの名前の由来は
何というの魚なのか判らなかったので「いかなる 魚の子なりや」と尋ねたのに対して、魚の名前を答えたと勘違いしたとする説と、「糸のように 長い小魚」からついたとする説などいろいろな説があると言われれています。
くぎ煮と呼ばれるわけは
鉄分補給により色合いを出すために古釘を一緒に入れて炊く(煮る)から、またその炊き上がりの姿が古釘のように曲がった形をしているところからなどの理由から「くぎ煮」と呼ばれるそうです。

早速今夜の食卓で賞味させていただきました。
e0055176_2015229.jpg


昨年の今頃を思い出すと・・・
やはり送っていただいたイカナゴのくぎ煮を小分けにして冷凍庫に入れていたおかげで、震災後の食卓の貴重な一品になりました。
昨年を思い出しながら、また今年は平穏な年でありますようにと祈りながら、大事にいただきますね。どうもありがとうございました。
by nhana19 | 2012-03-02 23:36 | お気に入り
<< サンプル百貨店 アミノコラーゲ... 3日連続のディズニーシー  >>