帰省 ~平泉 中尊寺&高館義経堂(たかだちぎけいどう)~
ブログをお休みしている間に季節は移ろいましたが・・・

中尊寺の表参道、月見坂の木立の中をゆっくり歩いていきます。
五月の連休、藤原祭りの始まり、世界遺産に登録・・・ということもあるのでしょうが、たくさんの人でにぎわっていました。
弁財天の池は桜の花びらで覆われ、
e0055176_2118114.jpg
あたりの桜はとっても美しかったです。
e0055176_2118357.jpg

義経終焉の地といわれている高館。
ここにはかつて藤原氏三代秀衡公の庇護のもと義経が住んでいた居館がありました。しかし、文治5年(1189)閏4月30日、頼朝の圧迫に耐えかねた秀衡公の子・泰衡の急襲にあい、この地で妻子とともに自害したと伝えられています。
丘の頂上には、天和3年(1683)、仙台藩主第四代伊達綱村公が義経を偲んで建てた義経堂があり、中には義経公の木造が安置されています。
e0055176_21292632.jpg
高館からの眺望は平泉随一といわれ、雄大に流れる北上川、束稲山が見えます。
この山で8月16日「平泉大文字送り火」といわれる大文字焼きが行われます。
e0055176_21295431.jpg
弁慶立往生として知られる場所は、衣川土手沿い、写真左手鉄橋と車道のちょうど間くらいであったと、地元の人が教えてくれました。
e0055176_22194080.jpg

1689年5月13日平泉を訪れた芭蕉は、義経の居館があったと伝わるこの高館に立ち、「夏草や 兵共が 夢の跡」の名句を残しました。
e0055176_22271945.jpg

今回は、美しい桜の平泉に出会えてうれしかったです。次回は季節を変えてまた…
by nhana19 | 2012-06-13 21:21 | Hometown
<< ディズニーシー 散歩 帰省 ~平泉 毛越寺~ >>