国立西洋美術館&東京藝術大学大学美術館
西洋美術館の「ベルリン国立美術館展」行ってみようよ…ということで、いつものミステリーツァーメンバーで行ってきました。
メインはフェルメールの「真珠の首飾りの少女」、レンブラントの「ミネルヴァ」、ルーカス・クラーナハ(父)工房の「マルティン・ルターの肖像」でしょうか。
私が音声ガイドの解説を聞いていて印象に残ったのがヤン・ダヴィッド・ゾーン・デ・ヘームの「果物、花、ワイングラスのある静物」でした。
この絵は寓話的意味を拝し、中央にあるワイングラスは聖杯、萎れた葉や花、花やフルーツの上にいる虫たち、暗くて見えにくいですが、中央下に横たわる雀の死骸は、いずれの命もいつかは絶える・・・ということを表しているのだそうです。
e0055176_23443272.jpg

6月30日からは、国立西洋美術館のすぐ近くにある東京都美術館で、フェルメール『真珠の耳飾りの少女』が公開されます。前にも見た事がありますが、何度見ても素敵な、少女のまなざしと唇のふくよかさ。いまから楽しみです。

その後、東京芸術大学大学美術館の「近代洋画の開拓者 高橋由一」展に流れ、絵画の枚数の多いのに疲れはて、館内にあるホテルオークラミュージアムカフェ2階でランチを。
ホテルオークラに惹かれ入ったはいいけれど、食べた”由一サーモンプレート”にがっかり。まずい!チリ産サーモンのヴァプール。サーモンのまずいこと。皆で残しちゃいました。
e0055176_061719.jpg

その後、4館共通入館券を買って旧音楽学校奏楽堂を見学。
この入館券は1年以内に見に行けばいいそうで、600円もお特なんだそうです(笑)
e0055176_0143397.jpg
ちょうど、東京藝術大学学生による木曜コンサートが行われていたので、聴いてきました。

とても盛りだくさんな1日になりました。楽しかった~♪
来週は鎌倉へアジサイを見に・・・の約束を。今年は花見に続き2回目の鎌倉です。
by nhana19 | 2012-06-21 23:15 | ミステリーツァー
<< 夏椿の戸定邸  アジサイの本土寺 ディズニーシー 散歩 >>