夏椿の戸定邸  アジサイの本土寺
戸定邸は、水戸藩最後(11代)の藩主徳川昭武(第15代将軍 徳川慶喜の弟)が松戸の別邸として作りました。
e0055176_0262899.jpg

1884年(明治17年)に完成した後は、昭武の隠居生活の場として使われましたが、最高級の杉の柾目材をふんだんに使い、廊下の上を見上ると、見事な1本の丸太が使われています。なんて贅沢な作りでしょう。
e0055176_0265732.jpg
客間は広々としていて風がいきわたり、気持ちの良い社交の場になっていたようです。
e0055176_0291913.jpg

2007年にきた時には7月に入っていたのでもうほとんど夏椿がありませんでしたが、今回はまだたくさん咲いていました。嬉しいです。
e0055176_038477.jpg
e0055176_0381238.jpg
今日は雨模様。雨のしずくに、青葉が映ってきれい…
e0055176_0391130.jpg
戸定邸は、2006年(平成18年)7月5日に国の重要文化財に指定されました。

その後本土寺へ。
e0055176_0435144.jpg

先日の台風などで、アジサイの葉はだいぶ傷んでいましたが、でもきれい・・・
アヤメもたくさん咲いていて見頃でした。
e0055176_044792.jpg
e0055176_0442087.jpg
e0055176_0443165.jpg

今日は雨模様でしたが、本土寺に着いたころには雨も上がり、でも、アジサイにはやはり雨が合いますね。お花を見ていると、幸せな気分になります。

花の中で写真を撮ると、皆さん幸せそうに笑っていらして、輝いて見えます。
今日はご一緒させていただいてどうもありがとうございました。
by nhana19 | 2012-06-22 23:14 | 日々徒然
<< 帰省 ~被災地 石巻~ 国立西洋美術館&東京藝術大学大... >>