小説 『悪の経典』 映画化
「第一回山田風太郎賞」や宝島社「このミステリーがすごい!2011」で国内部門1位に選ばれた『悪の経典』。さっそく図書館に予約して読んだのは昨年。

東京都町田市にあるという設定の私立高校の英語教師・蓮実聖司が主人公。
蓮実は女生徒からは「ハスミン」と呼ばれ、生徒から絶大の人気があり、PTAや職員の間でも抜群に評判のいい教師ですが、裏では自分に都合の悪い人間を次々と殺害していくサイコパスです。

上巻を呼んでいる時はまだよかったけれど、下巻にはいるともう読めない・・・でもなんとか最後まで読みあげましたが、読後観の悪い本でした。

それが、な・な・なんと…伊藤英明主演で映画化されるとのこと。
最初の爽やか教師のイメージは”海猿”のままでいいけれど、だんだん本性が現れてくる過程はさてどんなだろう。
小説に忠実に描かれるとしたら、かなりおぞましい~~

映画は11月10日から放映されるそうです。
e0055176_125194.jpg

by nhana19 | 2012-08-27 23:07 | 読書
<< サンプル百貨店第38回リアルサ... 萩耿介の『松林図屏風』&安部龍... >>