金沢へⅡ ~能登半島 和倉温泉~
今日も良いお天気。8時半レンタカーで金沢駅を出発、能登半島を回り和倉温泉泊まりです。
e0055176_21392799.jpg
千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ
全長8キロにわたる日本で唯一車で走行可能な砂浜。車が走行できるのは、砂の粒子が非常に細かく、海水を含んでアスファルトのように硬くなるからだそうです。爽快でした。
e0055176_2275335.jpg
朝鮮半島の金剛山の景に匹敵することから名づけられた、石川県能登半島西岸の景勝地「能登金剛」。「巌門(がんもん)」は「能登金剛」のほぼ中央に位置します。
せっかくなので能登金剛遊覧船に乗ってみました。
海から見た「巌門」 「日本最古の木造和式灯台」 「猪鼻﨑」・・・
e0055176_22555195.jpg
「能登金剛」の北端には「義経の舟隠し」、ゼロの焦点のクライマックスシーンで知られる「ヤセの断崖」など見ることができます。
ヤセの断崖は怖くて見降ろせず、義経の舟隠しには、兄頼朝の厳しい追ってから逃れる義経と弁慶が、奥州へ下る途中に折からの海難を避けるため、48隻の舟を隠したと伝えられる岩場ですが、果たしてここに48隻も入れたのかな?・・・なんてね。
e0055176_2384416.jpg
1時15分、雑誌にのっていた輪島のお目当ての店に着きました。
魚汁(イシル)の貝鍋定食、海鮮能登どんぶりどちらも美味しかったです。
e0055176_2317579.jpg
海へ下る急斜面に階段状に千枚以上の田んぼが幾何学模様に並ぶ、白米(しろよね)の千枚田。田植えも稲刈りもすべて人の手で行うそうです。
e0055176_23331575.jpg
見附島
弘法大師が佐渡から能登を訪れた際に、最初に目についたことから名づけられた島で、形が軍艦に似ていることから「軍艦島」の愛称で地元から親しまれているそうです。
e0055176_23365459.jpg
やっと和倉温泉につきました。
チェックインはロビーラウンジで。お抹茶のもてなしがうれしいです。
e0055176_23402726.jpg
部屋からの景色。七尾湾と能登島が美しい。
e0055176_2342197.jpg
温泉に入り、夕食。
魚汁(いしる)鍋とふぐの干物がおいしかった~♪
e0055176_23494463.jpg
長い1日でしたが、能登半島の素晴らしい景色を堪能しました。
by nhana19 | 2012-09-07 23:19 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 金沢へⅢ ~七尾 石川県七尾美術館~ 金沢へⅠ ~永平寺~ >>