オフィス街のエコ見学 パソナアーバンファーム
『オフィス街のエコの一端に触れてみませんか!』
先日、浦安の図書館に付属している会の方からこのようなお誘いを受けました。

パソナ「アーバンファーム
「農業」・「環境(エコ)」・「健康」など、自然との共生をコンセプトとし、1976年創業されました。人工光や水耕栽培技術を生かしてオフィスビル内で野菜を生産し、外壁には200種以上の植物が季節ごとに咲き誇る農業ビルです。
人工光
赤(植物の光合成に有効なライト)・青(植物の葉や茎の形成に有効なライト)・グリーン(植物の色彩や生育に有効なライト)です。
e0055176_11501517.jpg
オフィス1Fに入ると、天井からたくさんのライトを浴びて育ってるのは、ロマネスコ。
e0055176_1291243.jpg
上を見上げれば、葉を茂らせているのは坊っちゃんかぼちゃ、そしてキュウリ。
これらは天井からのライトと、栄養を調合した水だけで育っています(水耕栽培)。
e0055176_12112829.jpg
2Fには植物工場があります。液晶テレビなどにも用いられているHEFL(ハイブリッド電極蛍光管)というライトで、葉物の野菜を育てています。
e0055176_12204911.jpg
e0055176_12252772.jpg
e0055176_122125100.jpg
屋上や壁面バルコニーも植栽を施し、CO2削減に貢献しています。環境省からは『平成21年度クールシティ中枢街区パイロット事業』への認定を受けています。
e0055176_12253984.jpg
1F水上ステージ周囲に水が流れていて、せせらぎの音を聞きながら、ゆったりとお茶することができます。
e0055176_12305392.jpg

このあと、「ECOZZERIA(エコッツェリア)」へ。新丸ビル10Fにあります。
e0055176_1391550.jpg

ここは大手町・丸の内・有楽町(合わせて大丸有)の景観、環境において均整のとれた街づくりにしようと、大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会(大丸有の地権者によって組織された団体)と、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会(地区にかかわりのある企業・団体やワーカー等の集まり)により組織された団体です。
エコに関するノウハウや、コンテンツの蓄積と情報発信、イベントの開催などさまざまな活動がなされています。
大丸有が思い描くのは、エコロジーと共に生きる街、”エコロジーとエコノミーの共存”。
これからのこのエリアがどのようになっていくかが楽しみです。

疲れましたが、とても勉強になりました。
by nhana19 | 2013-01-26 11:38 | ミステリーツァー
<< チョコチップパン ~春よ恋ブレ... 那須 SHOZO COFFEE >>