錦繍の秋 ~金鳳山 平林禅寺~
先月平林寺に行ってきました。
武蔵野・野火止台地13万坪にひろがる広大なる境内。総門、山門、仏殿や川越城主・松平信綱夫妻の墓といった数々の県指定文化財と国指定天然記念物の境内林を有する平林寺は、禅修行の専門道場をもつ関東の代表的な臨済宗妙心寺派の禅刹です。

総門は切妻造茅葺の四脚門。「金凰山」の扁額が掛けられています。
e0055176_22194697.jpg

まっすぐ進むと山門が見えてきます。
山門は入母屋造茅葺の楼門で、「凌霄閣」の扁額を掲げています。
e0055176_22222526.jpg
紅、オレンジ、黄、緑、これほど色々な色に染め上げられている林を見るのは初めてです。
e0055176_22252753.jpg
e0055176_22323780.jpg
e0055176_2233043.jpg
もみじのトンネル。
e0055176_22332744.jpg
境内にはこのような言葉がありました。
e0055176_22344586.jpg

秋の夕日に照る山もみじ~♪ 濃いも薄いも数ある中に~♪ 紅や黄色の色様々に・・・♪ 思わず、童謡「もみじ」を口ずさみたくなりました。
by nhana19 | 2013-12-03 22:35 | 日々徒然
<< ディズニーシーのクリスマス 天空の部屋からの富士山 >>