映画 「パガニーニ」
とっても見たかった映画、「パガニーニ」を見に行ってきました。
e0055176_22114765.jpg

パガニーニに扮するのは、欧米で人気を誇るバイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット。
演技をするのは初めてだそうでが、演奏と演技という表現行為の間に、「それほど違いはない。」と感じたそうです。

あり余る才能を持ちながら不遇の生活を続けていたニコロ・パガニーニは、謎の男ウルバーニとの出会いを契機に、ヨーロッパ随一のアーティストへのぼりつめていきます。

☆映画の中での使用曲目☆
パガニーニ:
24のカプリース Op.1/MS 25~
 第4番、第5番、第9番、第13番、第14番、第19番、第24番
ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op.6/MS 21~第1楽章、第2楽章
ヴァイオリン協奏曲第2番 ロ短調 Op.7/MS 48~第3楽章「ラ・カンパネルラ」
ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ短調 MS 60~第2楽章
《うつろな心》による序奏と変奏曲 ト長調 Op.38/MS 44
モーゼ幻想曲 Op.24/MS 23
ヴェニスの謝肉祭 Op.10/MS 59
英国国歌《ゴッド・セイヴ・ザ・キング》による変奏曲 Op.9/MS 56
ヴァイオリンとギターのためのソナタ Op.3/MS 27~ 第12番
アリア「あなたを想っているわ、愛しい人よ」(ヴァイオリン協奏曲第4番~第2楽章)

シューベルト:
魔王 Op.1/D328
糸を紡ぐグレートヒェン Op.2/D118

ラフマニノフ:
パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43~第18変奏

スカルラッティ:
ソナタ ヘ短調 K.466/L.118/P.501

ロッシーニ:
オペラ《チェネレントラ》~アリア「悲しみと涙のうちに生まれて」

ペツォールト(伝バッハ):
メヌエット ト長調 BWV Anh.114

21世紀のパガニーニと謳われるバイオリニストデイヴィッド・ギャレットが、5億円のストラディヴァリウスで奏でる超本格的音楽映画。
この音響と迫力は映画館で見なければ! 本当に息をのむ素晴らしさでした。
by nhana19 | 2014-08-18 22:13 | 映画
<< サンプル百貨店 ちょっプル 「... ディズニーランド 雅涼群舞 >>