くまのプーさん展
友達から「くまのプーさん展」を誘ってもらって行ってきました。
e0055176_20103757.jpg
e0055176_20104274.jpg

1926年、イギリスの劇作家アレン・アレクサンダー・ミルンが息子クリストファー・ロビンの為に「くまのプーさん」の物語を発表しました。
彼はこの作品を自身の息子クリストファー・ロビン・ミルンが持っていたテディ・ベアから着想しています。本作品とそのキャラクターは発表当時からひろく人気を集めており、多数の言語に翻訳されいまなお世界中で読まれています。

子煩悩で子供たちによく本の読み聞かせをしていたウオルトディズニーは娘のダイアンが「くまのプーさん」の物語を大好きで、心から楽しんでいることを感じていました。
1961年、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、A・A・ミルンの財産継承者およびステファン・スレシンジャー社(英語版)社から、キャラクターと物語の映像化権、商標使用権などの権利を獲得し、プーさんに関する一連のアニメーション映画の製作を開始しました。
最初の中編アニメーション映画は「プーさんとはちみつ」でした。

これらの一連のアニメーション作品が、プーさんの作品の知名度に大きく貢献したといえるでしょう。そして「くまのプーさん」といえば、世界中で最も愛されるぬいぐるみの一つですよね。
e0055176_20503084.jpg
e0055176_2050395.jpg
129,600円だそうです。
e0055176_20505770.jpg

我が家にもこんな絵本がありました。
今までは絵を見ていただけですが、じっくり読んでみましょう(^^;)
e0055176_20534745.jpg
e0055176_20541063.jpg

楽しいひとときを過ごさせていただきました。
by nhana19 | 2014-08-22 20:05 | 日々徒然
<< オイスターバー&レストラン オ... カフェカイラ 舞浜店 >>