外務省外交史料館特別展示 マッサン展
従姉の誘いで、外務省外交史料館へ『マッサン展』を見に行ってきました。
e0055176_2345082.jpg

大正時代、本物のスコッチウイスキーの製法を求め、単身スコットランドに渡った日本人青年がいました。後に「日本ウイスキーの父」と呼ばれる、竹鶴政孝そのひとです。
この東洋から来た無名の一青年に対し、スコットランドの人びとは、彼らの大切な伝統技術を惜しみなく伝えました。
e0055176_2354383.jpg
先日までNHKテレビで、朝の連続ドラマとして放送していました。
ニッカウヰスキー工場が仙台にもあるので、興味を持ってテレビを見ていましたが、『マッサン展』でウイスキーの事だけでなく、スコットランドの歴史、幕末期の日本とスコットランドの関係、マッサンの妻となったジェシー・ロバータ(リタ)・カウンさんの事など、改めて沢山の事を知ることができました。
「マッサン」とは
e0055176_2319845.jpg

展示は5月8日まで。

外務省外交史料館別館展示室の道路を隔てた向かいに、沢山の人の並んでいるお店がありました。『マッサン展』に入る前にも長蛇の列。展示を見て出てきても長蛇の列。
外務省外交史料館別館の門の前の警備の方に伺いました。
3月30日オープンしたばかりの『MAISON LANDEMAINE(メゾン・ランドゥメンヌ)』
石川芳美氏&ロドルフ・ランドゥメンヌ氏夫妻が、2006年にパリでオープンしたブーランジェリー・パティスリーで、パリ市内に8店舗あり、2011年、パリのグルメガイド『ピュドロ』で、「ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤーパリパリ最高パン屋賞」を受賞し、2013年にLeFigaroで、クロワッサンが、フランスで第3位に選ばれた、話題のブーランジェリー・パティスリーだそうです。
今回は並ぶ気がしませんでしたが、大好きなクロワッサン、いつか買いに来たいな。
e0055176_23312557.jpg

by nhana19 | 2015-04-25 22:27 | 日々徒然
<< マッサン展 琥珀色の夢と青いバ... 国営ひたち海浜公園 ネモフィラ >>