冬の東北へ Ⅱ ~盛岡 ちいたんたん体験~
盛岡には乗り継ぎで降りたことはあっても、市内観光は初めてです。
何度か来たことのある夫が、城址公園まで歩いていこう・・・ということになって
北上川に架かる開運橋を渡ります。橋から見えるのは岩手山。
e0055176_2251186.jpg
途中、盛岡地方裁判所構内にある石割桜を見ることに。
この敷地は盛岡藩の家老であった北家の屋敷跡であり、庭石の割れ目に桜の種が飛んできて芽を出し、成長とともに石の割れ目を押し広げていったものと言われています。
現在国の天然記念物に指定されています。
e0055176_22551545.jpg

盛岡に来たら”じゃじゃ麺”でしょう!・・・と、駅を降りてまず通りがかりの人に盛岡城址公園の周辺でお勧めの”じゃじゃ麺”のお店ありますか?と聞いてみました。「ぱいろん」美味しいですよ・・・周りの何人かが結構有名・・・と、勧めてくれました。
ぱいろん・・・頭に入れて石割桜を見た後、この辺りに「ぱいろん」というじゃじゃ麺やさんありますか~?と若いお嬢さんに聞いたら、丁寧に道順を教えてくれました。
行ってみました・・・「ぱいろん」って、「白龍」でした^^;
e0055176_2331345.jpg
小さいお店でしたが、3時過ぎに入ったのに満席。お持ち帰り用に買って行く人もいる。
私、お土産にもらったことはあるけれどお店で食べるのは初めて。
e0055176_23352142.jpg
良くかき混ぜて、お好みでニンニク、ラー油、酢など入れて自分好みに味付けしてね。と・・・
e0055176_23122412.jpg
e0055176_2375262.jpg

私たちが食べている間に
隣の人がじゃじゃ麺の食べ終わったお皿に生卵を割り入れよくかきまわし、お店のおばさんに何か言っている・・・。そしたらおばさんが、じゃじゃ麺のアツアツ茹で汁と、ねぎ、きゅうり、味噌をたして返してくれる。そのスープをすすっていました。
それを見て私たちも真似をして、「お願いします。」とだけ言いました。
それがこれです。
e0055176_23414036.jpg
「良くかきまわして飲んでね。」と言われました。(玉子スープなんですね。)
体が温まってとても美味しかったです。このスープ「ちいたんたん」と言うのだそうです。
じゃじゃ麺(小)450円。ちいたんたん50円。合わせて500円でした。

さあ、腹ごしらえもできたし、石川啄木の歌にもある『不来方城』に行かなくっちゃ。
盛岡城跡公園は不来方(こずかた)城と呼ばれる南部氏の居城跡です。 関東以北の石垣組の平城としては、最大の規模を誇っ ています。
e0055176_23252789.jpg
e0055176_23253994.jpg
「盛岡藩の守り岩」と言われている、烏帽子岩
e0055176_23464527.jpg
石川啄木の有名な歌碑「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心」
e0055176_23272640.jpg

帰りは市内循環バスで盛岡駅へ。
e0055176_23283975.jpg

by nhana19 | 2016-01-22 22:24 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 冬の東北へ Ⅲ ~横手~ 冬の東北へ Ⅰ ~平泉 毛越寺~ >>