冬の東北へ Ⅵ ~歴史薫る町 横手~
横手公園展望台への坂を上りきると
e0055176_2042523.jpg
横手城があります。
横手城は別名を朝倉城といい、威名を遠近にとどろかせ、仙北三郡を領有していた小野寺氏の居城でした。戊辰戦争の際砲火によって城は炎上しましたが、昭和40年、二の丸跡に資料館を兼ねて四層の天守閣様式の展望台が建設されました。
e0055176_2095337.jpg

石坂洋次郎文学記念館
e0055176_20134669.jpg

石坂洋次郎は大正15年から13年間にわたり横手で教員生活を送りました。
「山と川のある町」などの作品の舞台にもなっており、「若い人」、「青い山脈」など、多くが繰り返し映画化されました。
e0055176_2014654.jpg
e0055176_20142044.jpg

後三年合戦古戦場
行ってみたかったのですが雪に埋もれているだろうとやめました。
系図を見ていると、前九年の役、後三年の役、奥州藤原氏の滅亡などが描かれている高橋克彦の歴史小説『炎立つ』(ほむらたつ)が思い出されます。
読んだのはだいぶ前だから、これを機会にもう一度読んでみようかな。
e0055176_20313146.jpg
e0055176_20315370.jpg

横手市ふれあいセンターかまくら館
ここでは1年中かまくらを体験することができます。中はとても寒いです。
e0055176_21385940.jpg
e0055176_2036443.jpg
e0055176_2036571.jpg

by nhana19 | 2016-01-24 12:03 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 冬の東北へ Ⅶ ~横手 かまく... 冬の東北へ Ⅴ ~角館 ~ >>