From Life ― 写真に生命を吹き込んだ女性ジュリア・マーガレット・キャメロン展
三菱一号館美術館で、ジュリア・マーガレット・キャメロンの生誕200年を記念して、ジュリア・マーガレット・キャメロン展が催されています。
e0055176_22474391.jpg

2015年はキャメロン生誕200周年という記念の年です。
また、彼女の存命中に唯一開催された、1865年のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(当時のサウス・ケンジントン博物館)での写真展示会から150周年になります。
ジュリア・マーガレット・キャメロンは1815年にカルカッタで生まれ、イギリスの上層中流階級で育った女性です。
彼女が写真に取り組み始めたのは48歳の時。娘夫婦からカメラをプレゼントされたのがきっかけでした。
それから1年あまりの1865年にヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(当時のサウス・ケンジントン博物館)で写真展示会が行われました。まさに遅咲きの芸術家ですね。

カメラを手にしてから数ヶ月のうちに、キャメロンは、キリスト教の9つの美徳を表現する連作に着手します。1865年1月には「聖霊の実」として全9点を一つの額に収めて大英博物館に寄贈しています。
これがその作品です。
e0055176_22542576.jpg
e0055176_2381170.jpg
e0055176_2382262.jpg
e0055176_23253883.jpg
150年余り経てなおかつ人の心をひきつけるモデルたちの視線。

9月19日まで催されています。お勧めです。


三菱一号館美術館から外を見下ろせば、まさに都会の中のオアシスがありました。
e0055176_2312571.jpg
e0055176_2313660.jpg

by nhana19 | 2016-08-24 23:03 | 展覧会☆コンサート☆観劇
<< 雲のじゅうたん 布の絵本 『ひまわり』 >>