「町」の呼び名が「まち」か「ちょう」か・・・
昨日焼き鳥やさん「十三や」に行った折の会話

「十三や」のあるあたりが小川町で、私が”おがわちょう”といったら、
お店の店長さんや、私の連れの間で、「まち」と「ちょう」談義が・・・^^

江戸時代からの地名ではどこでも「まち」と「ちょう」が混在していますが、東京では「小川町」「麹町」「御徒町」は「まち」、「新富町」「木挽町」「馬喰町」などは「ちょう」というのだそうです。
そういえば、”こうじまち”、”おかちまち”と私も自然に言っているのですが、小川町は”おがわちょう”と言っていました。
この地域の人たちは結構こだわっているのだそうです。

皆さんは「おがわまち」と言うのをご存知かと思いますが、地方生れで、銀座有楽町界隈をメインに動いている私は小川町に行く機会もほとんどなく、知りませんでした。いままで”おがわちょう”と連呼していました。ゴメンナサイ。
 
ひとつ知識を得ました^^
by nhana19 | 2016-09-21 22:18 | 日々徒然
<< ライスクリスピートリート お茶の水 炭火串焼き十三や >>