日めくりカレンダー
 
e0055176_1503298.jpg 今年は、英語で一言の日めくりカレンダーを買ってみました。
毎日見ていて、たまには忘れて数日分まとめてはがしてみたり・・・
大体は”英語ではこういうのか” ”こんなものか”と思ってみて
いるのですがことわざ的なものだけは
 ”ヘエェ・・・こんな表現するんだ !・・・”と思ってしまいます。
これって日本のものを、無理に英語で作ってみるのか、
外国にも格言的なもの、ことわざというものがあるのでしょうか。
シンプルに、日本で「時は金なり」といいますが
英語の「Time is money.」はアメリカ人も日本と同じ意味で使っているのでしょうか?

身から出た錆 ⇒ You made your bed,now lie in it.
あなたはベットを作った,今そこに横になる。
この英文が どこをどう訳せば”身から出た錆”になるのでしょう。
まあ日本のこのことわざと同じ意味でアメリカではこう表現しているのですよという事なの?

二束のわらじをはく ⇒ wear two hats.
日本では”わらじ”だけれど、英語では”hats” 帽子なのね。

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず ⇒ All men are created equal.
これは”全ての人は平等に造られている”というような意味になるのでわかりますね。

森羅万象 ⇒ everything under the sun.
これを見たとき、私はとても感心してしまいました。
森羅万象を広辞苑で引くと・・・宇宙間に存在する数限りない一切のものごと・・・とあります。
日本語で考えてみると深い深い意味があって、どう英文に直したらいいか悩んでしまいます。
それをさらりと・・・everything under the sun.・・・全てのものは太陽の下に

日本語と英語の表現法を比較してみたら面白くて、”目からうろこ”状態です。
さあ"目からうろこが落ちる” って英語ではなんて表現するのでしょう???・・・
by nhana19 | 2006-04-27 22:56 | 日々徒然
<< もうすぐゴールデンウイーク・・... プラド美術館展 そして 藤田嗣治展 >>