ゴールデンウイーク★山寺編★
 「宝珠山立石寺」 別名 ”山寺”

1689年(元禄2年)に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、
閑さや巖にしみ入る蝉の声     と詠んだことで知られる立石寺は、
貞観2年(860年)頃より円仁(慈覺大師)が修行の場として開いたという所です。

e0055176_23411480.jpge0055176_23414073.jpg

これは名物”ちからこんにゃく”あ!待って!写真!といったらもう夫がパクリと食べていました。

e0055176_23465019.jpge0055176_2347566.jpg

e0055176_23571378.jpg
1015段(?)あるらしい石段を
汗をかきながらひたすら登る。
奥の院へは思いのほかあっという間に着いてしまってちょっと拍子抜け。

e0055176_23592045.jpg



「修行の岩場」
釈迦ヶ峰のその頂上の釈迦ヶ岩に立つ釈迦堂には修行者以外の登山を禁じているそうです。


この山の上からの眺めを、修行者はどのような思いで見たのでしょう。
e0055176_833141.jpg

山寺のちょうど向かい側の小高い丘にある「山寺 風雅の国」の和風レストラン”馳走舎”で
食べた蕎麦御膳がとても美味しかったです。
ここには「山寺芭蕉記念館」「山寺後藤美術館」草木染め館、和風喫茶、土産物屋さんなど
たくさんの施設がそろっているので、山寺に登った後のくつろぎの場にオススメです。
庭も整えられていてとてもきれいでした。
e0055176_8444645.jpge0055176_8593566.jpg
by nhana19 | 2006-05-07 23:11 | Hometown
<< ゴールデンウイーク★ありがとう編★ ゴールデンウイーク★仙台編★ >>