ダヴィンチ・コード
 迷った末に見た映画「ダヴィンチ・コード」
ハーヴァード大学の図像学者ラングドンと暗号解読官ソフィーが謎を解いていく、
ダン・ブラウンの小説「ダヴィンチ・コード」の映画化。
小説の中にもあるように、ダン・ブラウンは図像学者ラングドンをハリソンフォードをイメージして
書いたようです。
「インディージョーンズ」シリーズ「レイダース/失われたアーク」(1981年作品)、「魔宮の伝説」
(1984年作品)、「最後の聖戦」(1989年作品)をみたら、本当にハリソンフォードにぴったりの
役かも知れません。
でも、最近見た「ファイヤ-ウォ-ル」では動きも、後姿もしっかりおじいちゃんになってしまって・・・齢をとるということは、残酷なものですね。
「ダヴィンチコード」の上映にあたって、トム・ハンクスに対して、「ダンブラウンさんはハリソン
フォードをイメージしてこの本を書かれたようですが、あなたはそれをどう思いますか?」という
質問がなされました。そのとき彼は「でも、選ばれたのは僕ですから。」というようなことを
言っていました。愚問とおもいながら、何と答えるのかな・・・と興味を持ちました。
トム・ハンクスはさすが役者。結構太っていたのに、顔が大分引き締まって知的に見えました。
オドレイ・トトゥも「アメリ」のイメージでいやだなと思っていましたが、こちらもさすが女優。
やせて、知的に、凛としてとっても美しく見えました。
イアン・マッケランって「ロード・オブ・ザ・リング」で魔法使いのガンダルフになった人ですよね。
こういう背広を着た普通の人の役でも、いい感じでしたね。
他にアルフレッド・モリナ、ジャン・レノ・・・

 フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…オプス・デイ、テンプル騎士団、フリーメイソン・・・
本を読んでいるので何となくは分かりますが、映画は”別物”として見たほうがいいようです。
景色や、雰囲気をつかむのには良かったと思います。
まだ行ったことのないパリのルーブル美術館。素晴らしかったです。
by nhana19 | 2006-06-19 19:00 | 映画
<< 日めくりカレンダー 小江戸川越めぐり >>