モネのスイレン
 このように、ホテルとマンションの中に、了徳寺大学の平松学長が自らデザインした、
「モネの庭」はあります。
e0055176_2153765.jpg

了徳寺大学の学長であり、日本画家でもある平松礼二氏は1996年から、日本の美を愛したモネの研究に取り組み、日本画でモネの世界を表現した「ジャポニズム」シリーズを制作・発表してきました。
その功績が認められ、2000年12月、フランスジベルニーにあるモネの庭園に保存・育成
されているスイレン5株が、モネ財団より贈られました。
以後、平松学長が自宅で30株まで増やし、同大学の開学にあわせて寄贈。
モネのスイレンが開花し、今日一般公開されました。
白、ピンク、黄色の優しい色の花が咲いています。
e0055176_21234799.jpg
e0055176_21235922.jpg

e0055176_2291463.jpg

わが国において、フランスアカデミー及びモネ財団から、直接スイレンの贈呈を受けたのは、豊橋市動植物公園(愛知県)北川村モネ・マルモッタン(高知県)に次いで三箇所目。
2~3年もすれば花でいっぱいの庭園になるそうです。
楽しみに、そして大事に守っていきたいものです。
次回のオープンキャンパスを楽しみにしています。
        ★★nettonさま、お会いできて嬉しかったで~す★★

by nhana19 | 2006-07-16 21:05 | 日々徒然
<< 箱根Ⅰ ~宮ノ下から浅間山へ~ アニメーションGIFを作ってみました >>