シルク・ドゥ・ソレイユ 「ドラリオン」
今日「ドラリオン」を見に、原宿のビックトップへ行ってきました。
先行予約でチケットを手に入れたのが昨年8月半ば。
長い間待ちました・・・・・やっと見に行く日がやってきました。
「アレグリア2」に魅せられて以来、次の公演を楽しみに、楽しみにしていたのです。
『ドラリオン』とは、東洋のドラゴンと西洋のライオンからイメージされたものです。
生命と自然界の秩序を保つ4つの力、「空」「水」「火」「土」を賛美し、この4つの要素がショーの重要なキーワードとなっているそうです。
この4人がイメージキャラクターです。左から「火」「土」「空」「水」になります(写真はHPより)
e0055176_18762.jpg
テントの中に入ってまず目を引くのが、正面奥に建つ壁(ウオール)
そして天井を見上げると大きな金属製の輪が見えます。
さあ・・・始まりました。
前回はピエロさん達が面白おかしく演目の合間合間笑わせてくれましたが、今回はタキシー
ド様の服を着たおじさん2人(クラウン)。それに会場の一般席から一人引っ張り出され。
いろいろと面白い仕掛けがあるのですが、これは言ったら面白くないので、実際見て「そうな
のか・・・」と思ってくださいませ。
演目は前回同様息を呑むものばかりでしたが、ドラリオンHPの「演目/キャラクター紹介」で
よかったら見てくださいませ。
シングル・ハンド・バランシング、トランポリン、バレーオン・ライト、ダブル・トラピス、ドラリオン
フープ・ダイビングなどは目が離せず、呼吸をするのも忘れそう。
でも、今回は目に付く(私でも気がついた)ミスが3つ。
1回勝負なので、何度練習しても完璧という事はないのでしょう。
トランポリンで着地に失敗して床に落ちてしまった人がいましたが、大怪我になっていません
ようにと願っています。
メイク、コスチューム、音楽、演出共に素晴らしかったのですが、ちょっとがっかり。
アレグリア2のような、無国籍のエキゾチックな雰囲気を思い描いて行ったのでちょっとギャッ
プがありました。
仙台の友人が、ドラリオン仙台公演のチケットを取ってくれているので、5月にもう1回見ること
が出来ます。東京と演目も多少違うかもしれませんので楽しみにしています♪

帰り、明治神宮を散歩して帰ってきました。
by nhana19 | 2007-02-10 23:20 | 日々徒然
<< 東京国立博物館 TDSの河津桜 >>