東京国立博物館
お天気が良かったので散歩がてら上野のお山へ行ってきました。
テレビで放送していたカンザクラ。ありました・・・
e0055176_14234220.jpge0055176_1424073.jpg

でも私勘違いしていたみたい。
国立博物館の近くの緋寒桜が咲いたのかと思っていましたがコチラはまだ1分咲きかな?
と言うかつぼみが膨らんだだけでした。
e0055176_14241927.jpge0055176_14243058.jpg

さすが暖冬でもソメイヨシノのつぼみはまだ固かったです。

東京国立博物館はそれほど混んではいませんでした。
いま開催されている特別展は中国国家博物館名品展「悠久の美」です。
出土品の作られた年代を見ていて本当に悠久を感じます。
中国の新石器時代(紀元前6000年)にはもう稲作が行われており、紀元前2000年以降に
は青銅器文明が花開いていました。日本では紀元前と言ってもせいぜい200~300年位前
でしょうか?(無知なもので間違っていたらごめんなさい。)
中国の歴史の奥深さと、これほどの文明、出土品に私の心は数千年前に飛びました。
タイムマシンでその世界に行って見たいと恋願いました。
中国の「悠久の美」の向かい側の展示場ではニュージーランドの「マーオリ 楽園の神々」
をやっていました。
こちらも、マオリ族のカヌー、釣り針、武器、日々の暮らしの中の品々、装飾品など精巧な
木彫りの品々が展示されていました。マーオリの文化に触れることが出来ました。
このような出土品、木彫りの品々を見ていると、その国の文化と歴史に触れることが出来、
絵画展とは又違った面白さがありますね。

e0055176_14343261.jpg昨年7月に年パスを買って特別展は欠かさず見ているつもりですが今回を含めてもまだ3回目です。
今度の土、日で京都に行ってきますがその時に京都国立博物館へ寄ろうと思っています。
昨年も福岡に行った折、九州国立博物館に行ってきました。
これは使える年パスですよ。オススメです♪
by nhana19 | 2007-02-11 23:51 | 展覧会☆コンサート☆観劇
<< 葛西臨海公園 シルク・ドゥ・ソレイユ 「ドラ... >>