鎌倉 ”あじさい”
闘病生活をしていた従兄弟の死、突然の母の妹の死。田舎へ何度か通ったこの1週間。
とても仲良くしていた叔母ですから、あまりに突然の訃報に頭の中が真っ白に。

やっと心の整理も付いた今日友人と鎌倉へ行ってきました。
江ノ電に乗って「散歩de雑写」のshojiさまがブログで紹介してくださっていた長谷寺へ。
長谷寺の裏山には、見事な色とりどりの、そしていろいろな種類の紫陽花が咲いていました。これをみて私が「すばらしいわね。この世のものとも思えない・・・」と口走りましたら、友人に笑われました。でも本当に見事な紫陽花の花々でした。
e0055176_2216107.jpg
e0055176_22162666.jpg
この紫陽花は長谷寺で命名した新種で「かまくら」という名前だそうです。
e0055176_2217485.jpg

この後アジサイ寺ともいわれている名月院へ。
ここのあじさいは8割から9割が日本古来の品種姫あじさいだそうです。この品種は、空や海のように淡い水色からだんだん深い青色に変化していくそうです。
見ていると濃淡はあれ、青・青・青・・・の世界。意図的にそうしているということでした。
青だけの世界もすこし寂しい気もしますが、幽玄を感じさせてくれました。
e0055176_223499.jpg
e0055176_22342999.jpg
e0055176_22344571.jpg

青い世界の中に、こんな実の付いている木が目に付きました。この木何の木~♪e0055176_0315963.jpge0055176_9221146.jpg
お腹がすいてお腹がすいて、建長寺はパスして隣の”鉢の木”で食事。
水無月の献立を美味しくいただきました。
e0055176_22373129.jpg
帰りは鶴岡八幡宮、小町通を散策して帰ってきました。

お花を見て、食べて、歩いて、友人と話をして・・・心がスッと軽くなって。
生きてるってこういうことなんだな~・・・と実感。 
by nhana19 | 2007-06-27 21:57 | 日々徒然
<< 新都心の中のオアシス? 豊洲ララポート ”ババガンプ”へ >>