久々の上野 「PARMA展」そして・・・
声はまだハスキーだけれどもうそろそろ外に出なくっちゃと・・・4日ぶりの外出です♪
8月はいつもお稽古をお休みにして食事会だけにしている刺繍の会の人たちと、上野の西洋美術館へパルマ展を見に行ってきました。久しぶりのしゃばは・・・なんてね(笑)
パルマ イタリア美術、もう一つの都」は、16世紀から17世紀にかけてイタリア北中部の都市パルマに花開いた美術を紹介する展覧会です。
e0055176_23251637.jpgパルマと聞いてはじめに思い浮かぶのが中田英寿が在籍したチームのあった都市。
そしてパルミジャーノレッジャーノのパルメザンチーズ、生ハム。
スタンダールの「パルムの僧院」
小説の舞台となったパルマ・カルトジオ教会がここにあります。ただしスタンダールは実際にはこの教会を見ていないといわれているそうですが。
風景画と違って宗教画というのは、宗教的背景、旧約聖書、新約聖書の世界をよく知っていないと中々理解することが難しいです。今回、棕櫚の葉が殉教を象徴してることをはじめて知りました。画法以前に、この絵は何を言おうとしているのか、これは聖書の中のどのエピソードかなど考えるだけでちょっと疲れてしまいました。
この時代、コレッジョやパルミジャニーノなどパルマには優れた芸術家がおり、フィレンツェなどからも絵の勉強に来た人が多くパルマの絵の水準は高かったようです。

絵を見た後はお山を降りて不忍池へ
今の時期、不忍池の半分は蓮で覆われていました。花の美しさに見とれました。
e0055176_23532722.jpg
e0055176_23534971.jpg
e0055176_2354367.jpge0055176_23541530.jpg
花の次は団子でしょう・・・という事で池之端の東天紅の7Fに、今年出来たばかりの「不忍池・上野公園をのぞむ空中庭園ダイニングLUCIS GARDEN」があるというので行ったのですが、ちょうどお昼時で窓際に6人の空席はなく(予約をしていなかったので)個室に通されてしまいました。e0055176_0102015.jpge0055176_0103718.jpg
e0055176_0105280.jpgランチをいただきながら話に花が咲き、個室でよかったかななんて思ってしまいました。(取れない葡萄は酸っぱいの類かしら?笑)
9月に又お会いしましょう・・・と楽しい1日を終えるはずが、地元に帰ってきて又々腰を落ち着けてお茶タイム。
nettonさまの健康のバイブルは『友と笑い合う』をさっそく実践させていただきました♪
ところで・・・帰り道上野駅山手線ホームから丸井さんを見ていたらな!な!なんと・・・3時15分現在気温38度。暑いはずよね・・・
e0055176_0473543.jpg

by nhana19 | 2007-08-04 23:06 | 展覧会☆コンサート☆観劇
<< チップ&デール 風邪引いてねんね~♪ >>