車窓から
田舎へ帰るときの楽しみは車窓からの風景
新幹線”はやて”の席を予約するときはいつも”E席”。E席が満席のときはちょっと悲しい。
上野を過ぎて左手にまず見えてくるのは富士山。今日も見えて嬉しい。
e0055176_1125494.jpg

そして日光連山の男体山。男体山は山の形に特徴があるのですぐ分かります。
e0055176_1151131.jpg

次に見えてくるのは?・・・山頂に雲が乗っています。
e0055176_1171692.jpg

安達太良山。この山を見ると千恵子の「あどけない話 」を思い出します。
e0055176_149320.jpg

吾妻小冨士も男体山と同じように特徴のある山の形なので分かります。
e0055176_1185854.jpg

そして蔵王連邦。ここからは少ししか見えませんけれど。
e0055176_1502992.jpg

もっと色々な山があるのですが、その山の名前が皆分かったらいいのにといつももどかしさを覚えます。お天気の日は嬉しい”E”席です。
帰りはいつも夕暮れ。この”誰そ彼(たそがれ)時”も大好きです。
真っ赤な夕焼けは見られなかったけれど、淡く暮れていく空は心にすっと入り込んできます。
e0055176_1553085.jpg
e0055176_1555014.jpg
e0055176_156851.jpg
宇都宮あたりまで来ると何故か眠くなるのが私のパターンです。
by nhana19 | 2008-03-06 23:50 | Hometown
<< 奥州藤原氏の仏教都市・平泉へ~... かつうらビックひな祭り >>