帰省
5月の連休田舎に帰ってきました。
金曜日朝6時半出発。平日だったせいか、朝早いせいか、高速は全く渋滞もなくスイスイ。
東京ではもう青葉が茂っているのに、北上するにつれ木々は若葉が萌え始めたばかりでまだまだ桜の名残もありました。
e0055176_23393352.jpg
e0055176_2340540.jpg
e0055176_23402243.jpg
目には青葉山ほととぎす・・・高速を走りながら、浅緑の萌がやさしく目に入ってきます。

パソコンのインターネットを見ていたらこんなことが書かれていました。帰省の”省”には安否を問うために訪れる。親を見舞う。(大辞泉)という意味があるそうです。
一説によると”省”という字は”少”と”目”を合わせた字で、目を細めてみる、転じて親の安否を気遣う、ということだそうです。田舎を思い浮べる時の目って遠くを見る目つきになり、なんとなく細めてしまうかな?
ゴールデンウイークの帰省ラッシュ。親の安否を気遣いながら親を見舞う、故郷のある人の大移動。私もその仲間入り~。
田舎に帰っていつも思うことは、空の広さと空気の清浄さ。
仙台からちょっと郊外に出ると一面に広がる田。水を張ってまだ苗を植えていない田、もう苗を植えている田。美しい光景です。
e0055176_010253.jpg
e0055176_0101469.jpg
そして我が田舎の家のタローちゃん。
今は一人(1匹)で家を守って、健気に生きています。朝晩近所の親戚がえさを食べさせてくれています。私が食パンをあげたら、食べずにじっと見ていて、そのあととった行動は・・・
小屋の周りに穴を掘って食パンを埋め始めました。え!・・・備蓄?
e0055176_0203213.jpg
気の弱いタローは、餌を野良ネコやカラス最後には雀にまでとられてしまうのです。
一人で戦っているタローがんばれ!なんともさみしそうな顔です。
e0055176_0233446.jpg
今年のゴールデンウイークは短くてあっという間に終わってしまいました。
by nhana19 | 2008-05-05 23:34 | Hometown
<< お庭拝見 小石川植物園 >>