鬼首~岩出山へ
お天気が良かったので、鬼首・岩出山へ行ってみました。
鳴子温泉、鳴子峡、鳴子ダムと車を走らせていると、鬼首の吹上高原に着きます。
キャンプ場、すぱ鬼首の湯、レストハウス、ロッジなどと、さわやかな高原に心もからだもリフレッシュさせてくれる施設がいろいろあります。
e0055176_0412868.jpg
この高原の奥に、地獄谷遊歩道があり、間欠泉や雷の湯、卵湯、紫地獄・・・など、歩道のいたるところでごぼごぼと恐ろしい音と湯気を立てています。
e0055176_054320.jpg
e0055176_054222.jpg
この卵湯で、温泉卵を作っている人がいました。約15分浸していると出来上がり。
e0055176_0553836.jpg
そして紫地獄では、おじさんがたくさんのフキを茹でていました。
e0055176_056305.jpg
自然のなせる技というか、この地中から響いてくるごぼごぼという音に恐怖すら覚えますが、今度来る時には私たちも生卵を持ってきてゆで卵を作ろうと思いました♪

帰り道に、岩出山の有備館に寄りました。
有備館は江戸時代に岩出山伊達家の家臣子弟の学問所となった建物ですが、現存するものでは、日本で最も古い学問所といわれています。庭園は、仙台藩石州流茶道三代清水道竿によって作庭されたもので池の回りを巡って遊ぶ回遊式池泉庭園になっています。
この有備館の床の間には伊達正宗家臣団を描いた掛け軸が掛けてありますが、私の先祖もこの中に一員として描かれています。”私の先祖”と思うと懐かしいような嬉しいような。
e0055176_3592528.jpg
ゆっくりと池を回りながら竹林、紅葉、樹齢300年といわれている山桜を観ながら、ここでお抹茶でも頂けたら・・・などと思いました。
e0055176_2334279.jpg
e0055176_234052.jpg

午後から母のところへ。だいぶ元気になってくれたのがうれしい。
by nhana19 | 2008-07-17 03:59 | Hometown
<< 初めてのディズニーランドホテル 東北道を北へ >>