スペインⅨ ~コスタ・デル・ソル~
コルタ・デル・ソルとは太陽海岸の意味です。ヨーロッパ人の好むリゾート地として有名です。
左に地中海、右にリゾート地を眺めながらのバスの旅は最高です。
トレモリノス: コスタ・デル・ソルを代表する国際的リゾート地です。
11月も中旬に入ろうというのに強い太陽がさんさんと降り注ぎ、散歩する人たちはTシャツ短パンの人が多かったです。面白いサンドアート・・・ワニでしょうか、上手に作ってありました。e0055176_1961562.jpge0055176_1964018.jpg
e0055176_197092.jpge0055176_1971670.jpg

カサレス: コスタ・デル・ソルは太陽海岸と言われるだけあって日差しが強く、家々の壁は光を跳ね返すために白く塗られています。赤い屋根に白い家。山間の白い町カサレス。e0055176_1920489.jpge0055176_2031260.jpg
e0055176_1920458.jpge0055176_2051741.jpg

今日のお宿はミハスです。「アンダルシアのエッセンス」と言われる丘の上の白い街。
コスタ・デル・ソルを望む見晴らしはすばらしいものでした。が・・・ついたのは夕方。もう少し早く到着して、太陽の光の中の白い街を散歩してみたかったです。
部屋から見たコスタ・デル・ソルと地中海。
e0055176_19594712.jpg
到着後、ツアコンが夕暮れの街の散策に連れて行ってくれました。
セバスチャン通り、四角の闘牛場を通りながら、パノラマ展望台へ到着。間に合った!!
夕焼けから暗くなるまでをゆっくり見ることができました。ため息の出るほどの美しさ。
e0055176_20275823.jpg
e0055176_20281379.jpg
ホテルまでの帰りは、かわいいお店を見たり、エキゾチックなカフェテラスを見たりしながら寄り道を楽しみました。e0055176_20402334.jpge0055176_20403233.jpg
e0055176_20404393.jpg e0055176_20405264.jpg
by nhana19 | 2008-11-25 19:15 | 旅&歩く&見る&食べる
<< 紅葉の鎌倉 映画 ”レッドクリフpart1” >>