秩父の夜祭り
秩父に住む夫の友達が「秩父の夜祭り」に招待してくれました。
祭りは12月2日、3日と決まっていて、3日の夜の曳山が一番の盛り上がりとなります。
夫の友人夫婦が半年前の6月3日午前0時に駅の近くのホテルの前に並んでくれてホテルを予約してくれ、鉾が駆け上がる団子坂の中ほどの鑑賞場所も確保してくれました。地元の人でもなかなか取れないということを別の人から聞きました。

「秩父夜祭」は、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭りの一つに数えられています。古く寛文年間(1661~72)に始まったといわれ約三百数十年の歴史があります。
このお祭りは、秩父神社の女の神様と武甲山の男の神様が1年に一度逢引きをするお祭りと言われています。
夫の友人宅で早めの食事をいただき、夕方5時半頃秩父神社に戻りました。すごい人の波。
秩父はこの日の夜19万3千人の人で埋め尽くされました。平日だというのに・・・
e0055176_23271730.jpg

7時20分過ぎ御神幸行列が団子坂にやってきました。
e0055176_23392357.jpg
夜空いっぱいの花火も上がりました。
e0055176_23401931.jpg
8時半やっと一基目がやってきました。今日は穏やかな暖かい日だったのですが、じっと座っていると寒さが深々と凍みてきます。
中近笠鉾です。総体黒塗りで、頂には御幣が飾られています。
e0055176_23463754.jpg
二基目は下郷笠鉾です。秩父一の大きさを誇り、白木造りで、頂には後光を輝かせた天道をつけています。
e0055176_23561399.jpg
e0055176_23575939.jpg
屋台は宮地(みやぢ)・上町(かみまち)・中町(なかまち)・本町(もとまち)の4基です。
e0055176_23585895.jpg
恐ろしいほどの迫力と、曳き手の数、花火とあっという間の時間でした。10時終了。
e0055176_0123343.jpg

夫の友達が予約してくれていたお店でみんなで鍋をいただき、ホテルに入ってバタン!
翌日は”つわものどもが夢の跡”で、人のほとんどいない殺風景な風景でした。団子坂も閑散としていました。
e0055176_06062.jpg

by nhana19 | 2008-12-03 23:59 | 旅&歩く&見る&食べる
<< スペインⅩⅠ ~コルドバ~ スペインⅩ ~セビリア(セビー... >>