草津良いと~こ♪ Ⅰ
草津に行ってきました。
マイカーではなく中沢ヴィレッジのバスで。寝ながら行けて楽だな~とは夫の弁。
草津の町中の道路は凍結しないようにしてあるので雪がないのは当然なのですが、でも雪が意外に少な~い。ちょっとがっかり。
1時到着チェックイン。2時から「午後の自然ガイド」があるので荷物を部屋に置き即参加。

森の案内人は高山正明さん。スノーシューをはいて森に入ります。
日本では草津の森、阿蘇、屋久島はとても”気”の多いところだそうです。
今の人はほとんど目から情報が入ってきますが、森に入り五感で感じて”気”を養いましょうと、『樹に触れ、静かに沢の水音を聞き、樹に寄りかかりながら空を仰ぎ、自然に触れること』がいかに大事であるかを、森を散策しながら話してくれました。
高山さんのお話の中でなるほどな…と思ったこと。
 「面倒」とは、面(顔)を倒すと書きます。
顔を倒すとはうつむくこと。うつむくと足もとしか見えず、視野が狭くなりうつ病になります。
 「面白い」とは、面(顔)が白いと書きます。
白いとは、顔に太陽があたり輝く様子を言います。顔を空に向けると視野が広くなり、いろいろなものが見えて面白くなります。日本人は、お日様(お天道様)、お星様、お月様と、天にあるものに”お”と”様”をつけて尊敬してきました。
ですから面倒がって足もとばかりを見ないで、顔を空に向けましょう(天を仰ぎましょう)。そうしたら、面白くなりますよ・・・と。  納得してしまいました。
スノーシューをはいて森を散歩。履き慣れるまで皆さん大変でした。
e0055176_0525757.jpg
スノーシャワー
e0055176_0561530.jpg
なんておしゃれな樹肌 ウリハダカエデ
e0055176_055313.jpg
森の番人(?)
e0055176_056414.jpg

「午後の自然ガイド」は毎日ありますが、ガイドさんはいろいろ変わるそうです。
高山さんに案内していただけて幸せでした。
by nhana19 | 2009-03-02 23:31 | 草津良いと~こ~♪
<< 草津良いと~こ♪ Ⅱ お雛様 >>