カテゴリ:展覧会☆コンサート☆観劇( 39 )
東京都庭園美術館へ
 朝香宮ご夫妻が、1925年パリにおいて大変感銘を受けた 「アール・デコ博覧会」。
この博覧会をご覧になったご夫妻は、帰国後白金台のこの地に邸宅を建てられました。
博覧会の主要メンバーだったアンリ・ラパン、ルネ・ラリックと宮内省内匠寮の方達との
共同作業でこの邸宅は実現したそうです。
この旧朝香宮邸がそのまま保存され、今の東京都庭園美術館となりました。
はじめに入ったときに目に付いた少女のガラスのレリーフ。

              
e0055176_21474128.jpg
この美術館で、今回8月26日~31日まで、特別に
「夜の美術館」として、夜間開館をするそうです。

夏の夕暮れ、館内に灯りがともる庭園美術館は、
いつもと違った表情を見せてくれるでしょう。
美術館のみで庭園には入れないそうですが、
めったにない機会、是非行こうと思っています。
すっくと立つ少女の美しい姿に見とれましたが、
灯のともった美術館のこのガラスのレリーフの少女が
どのように浮き立つか見たいものです。

 いままで非公開だった奥の小客室が、今回改修工事完了に伴い、公開されました。
アンリ・ラパンによって部屋の四方に描かれた油彩壁画が、この部屋の特徴だそうです。


手前の部屋にあるのはアンリ・ラパンがデザインした香水塔です。
香水塔というからには、この中に香水をたっぷり入れておくのかしらなんて馬鹿な発想を
してしまいましたが、今でいうと「アロマポット」のようなものだそうです。
仕組みはよく分からないのですが、熱によって香りを漂わせるようです。


 今回は、ルネ・ラリックの香水瓶やケース、キャンディーなどの砂糖菓子を入れる小箱
ボンボニエールなど可愛いものもたくさんありました。
最近では、紀宮清子さまと黒田慶樹さんの結婚披露宴で、招待客への引出物として
用意されたボンボニエールが話題になりましたが、「」百聞は一見に・・・」で、この中に
金平糖を入れて差し上げるのね・・・と納得しました。
雰囲気を変えて、夕涼みがてら特別夜間公開にも来ようと決めました。
by nhana19 | 2006-08-10 20:59 | 展覧会☆コンサート☆観劇
若冲と江戸絵画展
 東京国立博物館の「若冲と江戸絵画展」に行ってきました。
意外に混んでいないかったので、ラッキー!

 今回の展覧会は、プライスコレクションと言って、ジョー・プライス氏個人が、
『半世紀前に当時美術史家にも見過ごされていた江戸時代の個性的な画家たちの作品に
目を奪われ、収集を始めました。』と言っているように、日本人に当時見捨てられていた
作品を、プライス氏が収集してくださったから今回の展覧会があるということなのです。
今、プライス氏の財団の名前として用いられている「心遠館(しんえんかん)」は、 伊藤若冲
(いとうじゃくちゅう 1716-1800)の堂号「心遠館」に由来しているということです。
このことからもわかるように、コレクションの中心は若冲の作品です。
浮世絵もそうですが、日本よりも外国で高く評価されたということに、日本人として恥ずかしさ
を感じます。私たちはもっと、日本のものを、日本の文化を、認めて、大事にし、保護して
いかなければいけないのでしょうね。

 「鳥獣花木図屏風」は、桝目描という、方眼のマス目を
埋めていく技法で描かれており、マス目の数は1隻で約43000個。
e0055176_21461839.jpg

水墨画独特の、「筋目描き」といって、薄墨を重ねず滲ませるようにして描いたり、輪郭を白く
残したりする技法や、トラの毛並みの一本一本の描き方など、じっくり見ていたら何時間も
かかってしまうほど、魅力あふれる技法で描かれた絵がたくさんありました。

 伊藤若冲の「鯉魚図(りぎょず)」は、「登竜門」を描いているそうです。
「登竜門」とは、竜門といわれる黄河中流の急流を登りきった鯉は龍になるといわれた
故事から出来た言葉で、恥ずかしながら私は、故事の意味を始めて知りました。

 じっくり鑑賞していたらあっという間に3時間近くたってしまいました。
体力が要りますね。食事をしてから見るか、見てから食事するか・・・考えどころですね。
by nhana19 | 2006-07-23 20:48 | 展覧会☆コンサート☆観劇
ダンス・オブ・ヴァンパイア
 久しぶりのミュージカル♪  ましてや、山口祐一郎・・・サマ
e0055176_224727.gif
ダンス・オブ・ヴァンパイアのチケットを何ヶ月も前に友人が
取ってくれていて、待ちに待った今日行ってきました。
山口祐一郎というと、本当にチケットを手に入れるのが
大変なのです。
今まで「エリザベート」も「モーツァルト」も「レ・ミゼラブル」も
どんなに大変だったか・・・

Wキャストだと、他のキャストが出演する日はいつまでも空きがあるのに、
”佑~さま♪”だけはすぐ売切れてしまう。
ネットで買おうかな・・・まで思いつめても、プレミアが付いてしまうのです。
e0055176_2322194.jpg


 劇団四季にいたときに「オペラ座の怪人」を見て(聴いて)、大好きになり、
東宝ミュージカルに移ってからも「レ・ミゼラブル」 「ローマの休日」 「エリザベート」 
「モーツァルト!」・・・
「エリザベート」ははまってしまって4回見に行きました~。 
もしかしたら東宝に移ってからの山口祐一郎は全部見ているのではないでしょうか?
今の日本のミュージカル界において実力・人気ともにナンバー1です。
何がいいのか、どこがいいのか・・・   それはなんと言っても ”声”
ささやくような、ため息のような声は甘く、高らかにうたうところでは張りがあり、浪々と・・・
あまりの美声に、私たちばかりでなく、本人も酔っているところがありますが・・・
これほど心地良く聞こえる声の持ち主は居ないのではないでしょうか。(自己満足)

 でも、ハズレ!だったのは「ローマの休日」。
彼はミュージカル俳優であって、せりふを言う役者さんではないということが
よく分かった作品でした。
今度は、11月1日~12月25日までミュージカル「マリー・アントワネット」のカリオストロ役
として出演します。 さあ、チケット頑張ってとらなくっちゃ。
この作品では「エリザベート」で一緒だった井上芳雄君も出演。
ミュージカル界の、次期 実力・人気ベストワンになれるのは井上くんではないかと
勝手に思っている私ですが・・・
by nhana19 | 2006-07-08 22:53 | 展覧会☆コンサート☆観劇
プラド美術館展 そして 藤田嗣治展
 さあどちらから行こうか。「プラド美術館展」のほうが絶対混むからあっちから行こう。
ということで上野の森へ。9時半頃到着。 スムーズに入れたが結構混雑している。
ティツィアーノ、ベラスケス、ルーベンス、そしてゴヤとプラド美術館の作品81点が並ぶ。
e0055176_23475584.jpg
私が好きな絵はムリーリョの「エル・エスコリアルの無原罪の御宿り」
マリア様の象徴である青い衣と、ゆりの花と、三ヶ月。
私が勝手に名付けている、見返りの階段近くにありました。

じっくり見ていっても81点なので、意外と簡単に見れてしまう。
今プラド美術館展のみやげ物店で売っているクッキーが人気というので
買おうと思っていたのに、うっかり忘れてしまいました。
見終わって外に出たらびっくり。  11時くらいで、もう入場制限。長い列が出来ていました。
3人で「良かったね早く来て。、先に来て。」といいながら、精養軒で早めの食事を。
今度は食べ終わって12時半頃レジに行ったら、精養軒入り口にも、食事待の人がたくさん。
何事も早め早めが肝心ですね。  上野から銀座線、東西線を乗り継いで、竹橋へ。

 東京国立近代美術館の「藤田嗣治展」はまあまあの混み具合い。
今年は藤田嗣治の生誕120年にあたります。これを記念して展覧会が催されました。
e0055176_072380.jpg
彼の作品の中で、裸婦に代表される
“乳白色の肌”の美しさは、多くの人々の
心をとらえてきました。
この絵「5人の裸婦像」は彼の書いた最初の裸婦群像だそうです。
一説によると、左からそれぞれ、触覚(布を持つ)、聴覚(耳を触る)、中央の女性は視覚、味覚(口を指す)、嗅覚(犬を伴う)、を表すと考えられるといいます。

彼の絵を見ていると、決して日本人の描いた絵ではないと思われます。
彼はフランスに帰化し、フランスでなくなりました。

 竹橋から皇居東御苑に入り、大手門から東京駅に出ようという事になり、東御苑の中を歩いていたら、満開のサツキに出会いました。
e0055176_0301921.jpge0055176_0303563.jpg
ちょっと疲れましたが楽しい美術館めぐりでした。
by nhana19 | 2006-04-27 00:04 | 展覧会☆コンサート☆観劇
「ナポレオンとヴェルサイユ展」
 雨模様でしたが、江戸東京博物館の「ナポレオンとヴェルサイユ展」を見に行ってきました。
フランス革命、マリーアントワネットの死によって、絶対王政は崩壊しました。
このとき砲兵仕官だった若きナポレオンは革命派として故郷コルシカの政争に参加、
その後イタリア、エジプトと連戦連勝を経て1804年12月2日、時のローマ教皇ピウス七世を
招き、ノートルダム大寺院で載冠式を行い、フランス皇帝ナポレオンが誕生します。

e0055176_216111.jpg
展示されていた
”サンベルナール峠アルプスを越えるナポレオン”は特に有名です。

どの絵もハンサムで
凛々しいナポレオンの姿が
描かれています。

皇帝となったナポレオンは、
ナポレオン法典や学校
医療、行政、都市計画
など、近代社会の基礎を
作り上げていきました。

が・・・1812年の惨憺たる
ロシア遠征のあと、
エルバ島への流刑
百日天下、
セントヘレナ島への流刑
と・・・終幕へ向かいます。

ナポレオンが使用した家具、工芸品、皇妃ジョゼフィーヌやマリー=ルイーズゆかりの宝飾品
食器、皇帝が執務し生活した宮殿室内の再現など150点の展示品がありました。
それほど混雑していなくて、ゆっくりと見ることが出来ました。

 展覧会を見たあと、Ricca Landさんオススメの”ほそ川”に行ってお蕎麦を食べました。

e0055176_21303774.jpge0055176_21305148.jpg


冬季限定の鴨南蛮はやはりもう無くて、でも青ネギおろしそばはまだありました。
穴子のてんぷらもriccaさんオススメだったので、穴子のてんぷらせいろにしました。
夫は熱燗を添えて。
どちらもとても美味しかったです。
そして驚いたのが蕎麦湯。
せいろを食べた後、蕎麦湯を注いでいた夫を見て、「え!・・・」すごくどろっとしているのです。
お店の人に聞いてみましたら、そば粉を入れて溶いてあるのだそうです。
私が行ったことのあるお店は、そばを茹でただけの茹で汁なのです。
これって常識?
私あまり本格的なところに行ったことないから分かりませんが、あちらこちらで食べている夫も
始めてだったようです。
いつもは蕎麦湯は飲まない私ですが、今日は全部飲んできました。
お代わりしたかったくらい・・・
by nhana19 | 2006-04-16 21:05 | 展覧会☆コンサート☆観劇
世界遺産「ナスカ展」
 世界遺産「ナスカ展」 を見に行ってきました。
e0055176_2381296.jpg
 
 紀元前100年~紀元700年ごろまで,南米ペルーの南部海岸地帯に栄えたナスカ文化。
その中でも、砂漠地帯に800メートルにわたって描かれた地上絵は、
世界8番目の不思議とされています。
誰が、なぜ、何のために地上絵を書いたのか。 砂漠に刻まれたミステリー。
それの解明のために一生をささげた人もいました。ドイツ出身のマリア・ライヘは家庭教師としてペルーへやってきましたが、その魅力に魅せられ地上絵の研究に一生を捧げました。

 私はナスカ文化というと、すぐナスカの地上絵が頭に浮かびますが、土器や、装飾品、布、
刺繍ととても彩色豊かな、技術的に優れたものがたくさんありました。
子供大人のミイラも展示してありました。
 最後の部屋には、地上絵を上から眺めるバーチャル体験のできる、大きなスクリーンが
あり、3261×10566の巨大スクリーンをじっと見ていると、私たちもセスナに乗って
地上絵を見ているような気分になりました。 ちょっと飛行機酔いもしそうです。

 e0055176_23151326.jpg
ちょうどお腹がすいたので、
科学博物館内のレストランへ入りました。
面白い名前のメニューがあったので
頼んでみました。
”恐竜の卵コロッケ”
大きなクリームチーズコロッケと、鶉の卵。
見た目はユニークだけれどお味はまあまあ。


 帰りに、上野のお山を散歩しました。
にぎやかでにぎやかで、桜も七分咲きというところでしょうか。
今度の日曜日まで持つかしら。もうちらほら散り始めている木もありました。
どうやら、桜前線は駆け足で行ってしまいそうですね。
e0055176_23184926.jpge0055176_23281025.jpg
by nhana19 | 2006-03-26 23:11 | 展覧会☆コンサート☆観劇
日本銀行見学
 今日は日本銀行見学に連れて行っていただきました。

重要文化財に指定されている本館を入ると、造りの素晴らしさに圧倒されます。
設計者は、東京駅の煉瓦造り駅舎や旧両国国技館の設計も手がけた辰野金吾博士。
ベルギーの中央銀行をモデルにし、ルネッサンス様式を加味した
ネオバロック様式だそうです。
旧館地下一階にある 「地下金庫」。この地下金庫は、明治29年から平成16年6月まで、
108年間使われたそうで、金庫の入り口の外枠10t、扉15tの重さがあるそうです。
 
 貨幣博物館もとても面白かったです。
*・お札1億円分約10キロの重さを体験しました。
  紙は印刷をしていない本物のお札の紙だそうです。(つまり重さは本物)
  みんなで「これじゃ持って逃げられないわね」と言い合いました。
*・昔e0055176_23213888.jpgはこれを全て1枚1文といいました。でも質の優劣が著しく良銭、悪銭に分けられ、良銭1枚に対して悪銭5枚とか10枚といわれ撰銭されたこともあったそうです。
その悪銭のことを鐚銭(びたせん)といい「びた1文まけない」
「びた1文やらん」などという言葉はここからきているようです。
「きわめてわずかの銭でも・・まけない・・やらない」という事ですね。
*・お札の肖像の決定は誰がするのでしょう。
  肖像の決定権は日本銀行には無くそのときの財務大臣が決めるそうです。
  ですから、2004年11月に発行された新札の肖像は塩川正十郎財務大臣、
  塩爺さんが決定したそうです。
*・新札はどれだけの偽造防止策が行われているか。
  すき入れ、ホログラム、潜像模様、すかし、超細密画線、パールインキ、
  特殊発光インキ、深凹版印刷、マイクロ文字たくさんの素晴らしい防止技術が
  使われています。偽造のしにくさは世界トップレベルだそうです。

 たくさんのことを教えていただき、日本銀行を後にして、食事へ。
素晴らしい建物を見、たくさんのことを勉強した後はお腹がすき、デザートまでついた
美味しい食事は全て脳の栄養となりました。

 その後、三井記念美術館で三井家のお雛様を見ました。
e0055176_02664.jpg美術館が所蔵する三井家伝来のおひなさまは、
北三井家十代高棟夫人の苞子(もとこ)、
十一代高公夫人の鋹子(としこ)、
高棟の孫の浅野久子氏
という三世代の女性達の愛されたものが中心でした。
すばらしい、高貴なお顔立ちのお雛様でした。


予約しないとは入れない”日本銀行見学”に連れていっていただき、日ごろ何気なく
使っているお札のことを知り、とても充実した1日でした。
by nhana19 | 2006-02-24 22:29 | 展覧会☆コンサート☆観劇
北斎展
 今日は、コートを着ていたら汗ばむような良いお天気の日でした。
久しぶりの上野のお山。  ここはいつ来ても人でいっぱいです。  
そして・・・・・   カラスがギャーギャーと鳴き、鳩の集団がバサバサ飛んで・・・
カラスも鳩もまたたくさん群れていました。

 「北斎展」 12月4日までなので、終わらないうちにと駆け込みでいきました。
先週金曜日に行った「イサムノブチ展」どころではなく、
10時40分に着いて20分待ちといわれ、長い列に並んで、結局入れたのは11時15分。
中は人であふれ、空いているところ空いているところと流れながら見る事にしました。
全作品約500点!北斎を見ることが出来る100年に一度、要するの一生に一度のチャンスなのだそうです。説明書きの所蔵先を見ていて、世界中から集められたことが分かります。
浮世絵なのに、日本人が描いたものなのに、いかに世界に散らばっているか!
アムステルダム国立美術館、ボストン美術館、ベルリン東洋美術館、
メトロポリタン美術館・・・  彼の代表作の多くが、外国の美術館所蔵なのです。
ちょっとびっくりしました。

初めて、国立博物館の庭を散歩しました。
e0055176_1821292.jpge0055176_18212376.jpg

e0055176_1832522.jpg
お茶室があったり、池があったり、
陽だまりのベンチは少し暑いくらいでした。

私たちが帰る頃には、見るために並んでいる人たちの待ち時間は50分になっていました。


 
by nhana19 | 2005-11-27 18:00 | 展覧会☆コンサート☆観劇
イサムノグチ展
 イサムノグチ展に行ってきました。
今月27日までなので、駆け込みでしたが、矢張り混雑していました。
驚いたのは、若い人が多いこと。
上野の美術館に行くと、お年寄りの方がほとんど・・・という事が多いのですが、
今日は若者、芸術家風、子供が目立ちました。

e0055176_19421298.jpg


e0055176_19423566.jpg
 
会場の最後の部屋に今年7月オープンした「モエレ沼公園」の模型、写真が飾ってありました。15分間のビデオも流していました。
1988年イサムノグチ84歳、構想を練り、模型を作り、その年の12月30日に亡くなってから、17年の歳月をかけて造られた公園。
お弁当を持っていって、「空って、こ~んなに広いんだ」と 歩き、走り、横になり、
1日過ごせそうな広々とした空間・・・
ぜひ行ってみたいです。
by nhana19 | 2005-11-25 19:42 | 展覧会☆コンサート☆観劇