カテゴリ:ミステリーツァー( 47 )
目黒雅叙園 百段雛祭り
晴れて青空が広がっていたらゲートブリッジ、お天気良くなかったら目黒雅叙園ね…と言って、駅前9時に待ち合わせ。お天気いまいちだったので、お雛様を見に行くことにしました。

目黒で降りて行人坂を降りるのですが同じ方向に行く人の何と多いこと。
目黒雅叙園のロビーには村井真緋恵さんの「葵祭りを愛でるお雛様」。愛らしい♪
e0055176_2012936.jpg
百段階段を踏みしめながら一部屋一部屋見て歩きます。
お雛様たちはそれぞれ趣がありとても素敵です。
草丘の間(そうきゅうのま)に入って、「饅頭喰い人形」を見たときはこれは何かな?と思いましたが・・・説明書きを見て笑ってしまいました。
暇なある御隠居さんが子供に「お父さんとお母さんとどちらが大切かな?」ときいたところ、子供が手に持っていた饅頭を二つに割って「この二つのうちどちらが美味しいでしょう。」と言ったそうです。御隠居さんはなんて賢い子だろうと感心したそうです。
それから子供が賢く育ちますようにと願いを込めて「饅頭喰い人形」が作られたとか?・・・というようなことが書いてあったような。本当に賢い受け答えですね。
特に気に入ったのが、「星光の間」の天井や欄間に描かれていた板倉星光の四季草花。
そして「清方の間」。鏑木清方が愛着をもって造った落ち着いた静かな茶室風の室。この部屋も欄間から天井からもう素晴らしい。
お雛様のないときにもう一度部屋部屋をゆっくり観てみたいです。

人の多さに目黒雅叙園で食べるのはやめにして、早々に銀座へ移動。
ミキモトのビルの3Fラウンジでゆっくりとランチすることにしました。
e0055176_2039282.jpg

ゴボウのスープ
e0055176_20365145.jpg
フレンチトーストとキッシュのセット
e0055176_20371552.jpg
マカロンと香りのよい紅茶
e0055176_20374927.jpg

私はフランスパンで作るのですが、ブリオッシュ生地のフレンチトーストも美味しかったです。
by nhana19 | 2012-02-22 20:22 | ミステリーツァー
葛西臨海公園の水仙
今日は久しぶりに良いお天気。
運動不足の昨今、青空を見ながら、歩いて葛西臨海公園に行くことにしました。
舞浜大橋を渡りながら、
e0055176_21281547.jpg
橋の上を吹き抜ける風も心地よく、橋の真ん中が江戸川区と浦安市の境界線です。
e0055176_21292351.jpg
葛西臨海公園には、ロウバイが咲いていました。
e0055176_21302221.jpg
浦安のホテル群と青空を見ていると、思い切り深呼吸したくなります。
e0055176_21305754.jpg
e0055176_2131776.jpg
観覧車を見ながら歩く・・・穏やかな日差しに春の息吹が感じられました。
e0055176_21421426.jpg


水仙の名前は日本水仙。
下田市観光交流課から球根を寄贈していただいたり、企業から寄付していただいたお金で購入したりして、都立公園サポーター基金事業が「葛西臨海公園水仙の名所作り」をしているそうです。葉が倒れているのは先日の雪のせいです。
e0055176_21423142.jpg
e0055176_21424315.jpg
あれ、こんな水仙が混じっていました。貴方のお名前は?
e0055176_21432964.jpg

帰りも歩こうかなと思ったのですが、「帰りは電車で・・・」連れの一言で、いえいえ私も片道歩きで十分かな?!・・・と(笑)。 葛西臨海公園駅前の雪吊りも素敵
e0055176_21561149.jpg

次回の葛西臨海公園は、桜の時期でしょうか。
今回時間が合わなくて乗れなかった水上バス、次回は乗りたいね~~♪
by nhana19 | 2012-02-09 21:45 | ミステリーツァー
ホテルミラコスタランチ&サマー・オアシス・スプラッシュ
”ミステリーツァー”メンバーと、オチェーアノにランチに行ってきました。
いま彼女たちとは、シーに1年の間に何度行ったかとミニカレンダーに印をつけています。
果たして何度行けるのかな…楽しみに数えています。
e0055176_2245766.jpg

エントランスでのミッキーさんのグリーティングは”ナミナミ”のコスチュームです。
e0055176_23164960.jpg
12時半インパ。オチェでランチできるかな・・・と真っすぐホテルに行ってみたらオッケー!
それだけゲストが少ないってことなんですね~~~
いただいたのは3ディッシュコース。とてもお得なコースです。
e0055176_221485.jpg
ちょうど前菜をいただいたところで、13:10からの”サマーオアシス・スプラッシュ”をテラスから見ることができました。
装いも新たに・・・今回からジーニーが登場します。
e0055176_2310032.jpg

上から見ているだけではつまらない。
今度は着替えを持ってきて、頭から水を浴びたいと思います♪
by nhana19 | 2011-07-14 22:00 | ミステリーツァー
レインボーブリッジウオーク
「今度の水曜日、レインボーブリッジを歩きましょう。歩きやすい服装でね。」と、友達からメールが入りました。
2009年3月1日に東京インボーウオークが企画され夫と参加したことがありました。
その時は、レインボーブリッジの首都高速道路部分を全面通行止めし、ウオーキング大会が開催されました。で・・・私達は一番上の道を歩きました。そんなことを思い出しながら、「はい!了解!」のメールを返し、楽しみにしていました。
今日は『夏至』、なんて良いお天気でしょう。気温も30度を超え、まさに夏!
North Routeは晴海方面、South Routeはお台場方面がよく見えます。
私達は、芝浦ふ頭側からお台場まで、South Route(南遊歩道)を歩きました。首都高速道路部分が日差しをさえぎってくれるので、歩きやすい。
e0055176_11582971.jpg
いつもはこの景色の後ろに富士山が見えるのだそうです。今日は残念!
e0055176_12501733.jpg
歩いていくうちにこんなパノラマが・・・さわやか~~♪
前方下に見えるのは台場公園です。東京湾に突き出たようになっていて、お台場海浜公園から行けます。
e0055176_1215331.jpg
レインボープロムナードを降り、台場公園へ。緑がきれい。
e0055176_12264087.jpg
デックスのビッグシェフでランチ。これから・・・North Routeで、東京タワーやスカイツリーを見ながら芝浦ふ頭に戻る?船で浅草へ行く?浜離宮へ行く?結局時間的に良い便があったので、船で葛西臨海公園に行くことに決まりました。
はい、ミステリーツァーメンバーですから、いつも行き当たりばったり(笑)
e0055176_12412935.jpg
e0055176_12413548.jpg
e0055176_12414395.jpg

ちょっと遠くへ旅したような…充実した夏至の1日になりました。
by nhana19 | 2011-06-22 23:33 | ミステリーツァー
代官山 旧朝倉邸&ASO
駅9時集合、1人が「朝倉邸に行ってみない」できまり。
代官山は久しぶり・・・というより今回何度目かしらという程度しか行っていない。
「旧朝倉邸」は代官山で降りて徒歩5分くらい。
東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎により大正8年に建てられた和風建築で、平成16年に重要文化財に指定されました。
建物は木造二階建て、瓦葺、殆どの部屋が畳敷きです。
大きな邸宅ってこんなに廊下が長いのね(笑)
e0055176_23445434.jpg
こんな廊下の日だまりで、うたた寝をしてみたい。
e0055176_2345692.jpg
杉の間はあらゆる杉材の木目を「板目」で見せる一風変わった作りになっています。この部屋では徹底的に「板目」を使っており、これだけの「板目」材を揃えるだけでも相当な財力が必要であったと思われます。そういう目で見ると確かにすばらしい。
e0055176_2353746.jpg
e0055176_23532038.jpg
庭は、崖線という地形を取り入れた回遊式庭園となっていて、石灯籠などの添景物が多く配置されています。
e0055176_2358408.jpg
e0055176_23585234.jpg
家屋や庭をみていると、故郷の家に戻ったような安堵感を感じました。

朝倉邸を1歩外に出ると、代官山はなんてモダンなのでしょう。
建物も素敵、デンマーク大使館、エジプト・アラブ共和国大使館、そして・・・「KEDUTAAN BESAR MALAYSIA」って、この建物なんですか?
e0055176_054096.jpg

散策途中、リストランテASO内、カフェミケランジェロでパスタランチをいただきました。
e0055176_0131182.jpg
スープとパスタ、とっても美味しかったです。
e0055176_0133375.jpg
e0055176_0134728.jpg
この後、赤プリへ。
1955年の開業以来、「赤プリ」の愛称で政治家や財界関係者をはじめ、多くの人に親しまれてきた「グランドプリンスホテル赤坂」が、来年3月31日のチェックアウトまでで営業を終了することになりました。旧館以外はすべて取り壊すということです。
施設が老朽化していることから、大規模に改修をするよりも不動産開発をするなどして別の有効な活用方法を検討していくという事ですが、跡地の利用について具体的なものはまだ決まっていないということです。40階建ての新館は27年前の1983年に、丹下健三氏によって設計されたもので赤坂を象徴する建物の一つでありました。
e0055176_0311657.jpg
e0055176_0323091.jpg
コーヒーハウス「ポトマック」でティータイムを
e0055176_033575.jpg
来年3月までもう一度来ましょうねと友達と約束して、今日のミステリーツァーは終了。
by nhana19 | 2010-11-12 22:44 | ミステリーツァー
映画「冬の小鳥」&国立博物館「東大寺大仏―天平の至宝―」展
「冬の小鳥」
e0055176_21522246.jpg
「ほとんどの部分は創作だが、9歳だった時の心のままに書いた」とウニー・ルコント監督が語るとおり、実際に韓国から養子としてフランスに渡った監督の実体験から生まれた物語です。
1975年、バスでソウル郊外の児童養護施設に連れてこられた少女が、父が迎えに来てくれると信じ、周りになじもうとせず、かたくなに反発や抵抗を繰り返すが、やがてそれを乗り越え、フランスの里親のところにもらわれていく。
児童養護施設での、子供たちの心模様、心の触れ合いがとても優しく描かれています。
フランスの飛行場に降り立ち、不安な眼で里親を探し・・・里親の溢れる笑顔での出迎え・・・ここで映画は終わっていますが、この映画を作ることができたということが彼女のこれまでの歩みを物語っていると思いました。

映画の後岩波ホールの近くの「ムアン・タイ・なべ」で食事。おいしい~♪
お天気も良く、後味の良い心温まる映画だったので、食事も美味しくいただきました。
e0055176_22115967.jpg

そのあと上野の東京国立博物館へ。
上野のお山の公園の噴水に虹が出ています。きれい~♪
e0055176_22192591.jpg
国立博物館では、特別展「東大寺大仏―天平の至宝―」 が開催されていました。
e0055176_22194239.jpg
私のお目当ては、寺外では初めての公開となる「八角燈籠」
大仏殿の前庭にある「八角灯籠」で、わが国最古最大の鋳銅製灯籠です(高さ4.6M)。
太平洋戦争後、アメリカの文化財の分かる高官がこの灯籠を見て、もしアメリカが日本から賠償金を取るならばこの灯籠で充分と言われたという話があるくらい価値のあるものです。
この写真は今年の8月に東大寺を訪れたときに撮ったものですが、これを東京で見ることができるとは思っていませんでした。
e0055176_22344096.jpg
e0055176_22344967.jpg

観た後の感想。
東大寺の前で見たときには、建物自体が大きいのでその前にある燈籠はそれほど大きく見えませんでしたが、なんと・・・こんなに大きかったの。
よくこれだけのものを運べたわね。

室内で見る燈籠にはかすかにライトが当てられ、燈籠の中にはLED(発光ダイオード)が仕掛けられているので、文様が透けてよく見えました。LEDはほとんど熱を持たないので、中に入れても燈籠に悪い影響を与えないのだそうです。
不空羂索観音菩薩立像光背・・・ということは菩薩は東大寺に光背無しでいらっしゃるってこと!学芸員の方に伺ったら、菩薩は傷みが激しいので、移動には耐えられなかったということでした。光背無しの菩薩様かわいそう~・・・
今日は見学の方も少なく、ゆっくり見ることができました。
久しぶりに充実した1日を過ごすことができました。
by nhana19 | 2010-10-27 22:06 | ミステリーツァー
京王プラザホテル 大有田プラザ展
京王プラザホテルに第30回大有田プラザ展「うつわが彩るおもてなしの世界」を見に行ってきました。新宿は何カ月ぶり?~~京王プラザなんて何年ぶり?(笑)
e0055176_22465239.jpg
e0055176_22471329.jpg
色の鮮やかさ、磁器のつややかさ、形、花鳥風月の絵柄・・・見とれました。
「この器にどんな料理盛り付ける?」「料理入れないほうがいいんじゃない?!」などと吟味しながら、値段も手ごろでした。
★旬の美味を有田焼でぜいたくに味わう★
アートロビーに出展の草山窯、李荘窯業所、辻与製陶所、しん窯の窯元4社のうつわを見事にコーディネートした特別ランチ『有田御前』を,新和食<かがり>でいただきました。
メニューにはありませんが、かがりのランチタイムにはサービスで”とあら汁”を。
e0055176_2310253.jpg
有田焼の器でいただく料理の数々・・・こんな風に盛り付けるのね。
e0055176_23113635.jpg
もろこし御飯は少しバターの香りがして、トウモロコシに甘みがあっておかわりをしてしまいました。沢煮碗もお出汁の良い香りがして、体にしみこんでいくようです。
e0055176_23144933.jpg
そしてデザート。
e0055176_23164629.jpg


e0055176_23184458.jpg

久しぶりに美味しい料理をいただきました。
by nhana19 | 2010-07-28 22:38 | ミステリーツァー
旧島津公爵邸内見学ツァー
友人が申し込んでくれていた旧島津公爵邸内見学ツァーに参加してきました。
旧島津邸は煉瓦造地上2階地下1階建て、ルネッサンス様式を基調とし、コロネードベランダを取り入れた建築様式で『東京建築遺産』の一つになっています。
ルネッサンス様式の美しい外観はジョサイア・コンドル晩年の傑作といわれ、建築当時の敷地は3万坪もあったといわれていますが、島津家の財政難に伴い日本銀行に売却。戦後GHQによる接収を経て、昭和36年に清泉女子大学の所有に移りました。
e0055176_1582658.jpg
e0055176_1583916.jpg

邸内見学ツアー時間は1日4回 10時~・11時~・13時~・14時~
所要時間は約40分。
旧島津公爵邸は現在清泉女子大学本館として教室・会議室・教員研究室等で使用されているため、授業等の都合により邸内すべての部屋を見学することはできませんでしたが、大学の学生が館内を案内しながら色々と説明してくれました。
この部屋の窓ガラスは今の技術では復元することができないそうです。
e0055176_211741.jpg
この丸い部分のガラスも復元することはできないそうです。
e0055176_213571.jpg
島津家の家紋の入ったシンメトリーのステンドグラス
e0055176_244734.jpg
この階段を上って2階へ
e0055176_272555.jpg

4月末より夏季休暇明けまで、芝生養生のため奥庭(バルコニー側)への立ち入りができなくなっていて、今回は残念ながら庭からコロネードベランダを見ることができませんでした。
又季節を変えて行ってみたいと思います。

また清泉女子大学正門前にこんな案内板がありました。
ここは陸奥仙台藩伊達家 下屋敷だったのですね。ちなみに、仙台藩上屋敷は現・港区東新橋にあったそうです。
e0055176_23028100.jpg

先日池の端にある岩崎邸を見てきたばかりですが、同じ洋館でもこちらの旧島津公爵邸のほうが落ち着いた雰囲気を醸し出していて、素敵でした。
by nhana19 | 2010-04-27 18:13 | ミステリーツァー
2010 お花見 Ⅰ ~千鳥が淵~
竹橋で降りて、工芸館、国立劇場、皇居・千鳥ケ淵緑道を散策しました。
素晴らしい青空でも風は冷たい。2月の気温といっていました。
ソメイヨシノはまだ5分咲きくらいですが、もう満開の桜もありました。名前札を見ながら色々な種類の桜を楽しみました。
ヤマザクラ
e0055176_22163122.jpg
コブクザクラ(子福桜)
e0055176_22173013.jpg
駿河桜の実生品種(駿河小町の弟)
e0055176_22181281.jpg
小松乙女
e0055176_22204950.jpg
神代曙
e0055176_22211992.jpg
仙台屋
e0055176_222254.jpg
陽光
e0055176_22534981.jpg
一時休憩。「ふくおか会館」という名前が目についたので、福岡の名産何か食べられるかなと思って入ったのですが、メニューを見て期待外れ。
とんかつ、そば、穴子1本の天丼・・・その程度のメニュー。
しょうがないので「穴子1本の天丼」を頼みました。
きた丼を見て『なに!これ』普通、揚げたての穴子ってピンと立っているよね。
食べてみて『最低!』一口穴子を食べて、生臭い。いや!古いのかな?調理の仕方がまずい?とにかくお腹壊しそうでだめでした。私にしては珍しく、ほとんど残しました。
e0055176_2239961.jpg

気分を変えてお花見に戻りました。千鳥が淵のソメイヨシノは素晴らしい・・・
晴れているので青空とお濠と桜のコントラストが最高でした。
e0055176_22474047.jpg
e0055176_22475841.jpg
e0055176_22481838.jpg
鳥が桜の蜜を吸い、桜の花まで食べていました。花も食べるの?
e0055176_22492882.jpg

花見の後、丸の内ブリックスクエアへ。ちょっと入るとそこはパティオになっていて、「A16」という素敵なカフェがあり、まるで外国の街角に紛れ込んだようです。テラス席に置いてあるパラソルヒーターがとてもおしゃれ。
ビルの谷間のオアシスでゆっくりお茶して帰ってきました。
e0055176_024389.jpg

by nhana19 | 2010-03-30 21:37 | ミステリーツァー
映画 「新しい人生のはじめ方」
日比谷のTOHOシネマに、映画「新しい人生のはじめ方」を見に行ってきました。
年齢を重ねた2人が心を通わせていく様子が、見るひとをとても温かく、優しく包んでくれるような映画でした。
こんなめぐりあいがあったら素敵だな~~
e0055176_23173037.jpg

次に、どこで食べる?何を見る?で・・・・・
お腹空いたね~~ 東京会館の東苑でランチを
e0055176_231374.jpg
出光美術館では「麗しのうつわ」展が開催されていて、人があまりいなかったのでゆっくりと器を見ることができました。
展示を見た後は、休憩スペースで一息(セルフのお茶サービスあり)。壁一面のガラス窓の下には緑いっぱいの皇居が広がっていました。(奥に見えるのは桜田門です)
e0055176_23161637.jpg
出光美術館では、次回4月3日からは茶 Teaー喫茶のたのしみーが催されます。
今「利休にたずねよ」を読んでいるので、茶器を見にまた来ようと思います。

ペニンシュラ東京で「丸の内マップ」もらいました。そしてみ~つけた!
e0055176_0103917.jpg

”歴史の息づく街”、”アートとふれあう街” 丸の内界隈を「丸の内マップ」片手にまた散策し、面白い発見をしようと思います。
e0055176_23424192.jpg

今日は充実したミステリーツァーになりました♪
最後に金沢のアンテナショップを見つけて…思わず買ってしまいました(笑)
e0055176_23521060.jpg

by nhana19 | 2010-02-19 23:04 | ミステリーツァー