カテゴリ:ミステリーツァー( 47 )
ミステリーツァー 「鎌倉か、江ノ島か・・・?」
 鎌倉か、江ノ島か。鎌倉で降りるのは同じなんだけれどどちらにメインを置くか。
いつものように、駅集合。「どっちにする?」「お天気良いから江ノ島。生しらす食べたいし。」
という事で、鎌倉下車。即、江ノ電に乗り、江ノ島へ。
電車にくっつきそうなほど間近かに寄り添うように建っている家々、良い雰囲気・・・
鎌倉に住みたいね・・・いいじゃんウイークリーマンション借りて暮らせば・・・小さくて良いから
マンション欲しいな。好きな時にここへ来て海を見て・・・鎌倉はそんな気分にさせる所です。
由比ガ浜、稲村ガ崎、七里ガ浜・・・浜伝いにいくと江ノ島に着きます。

先にお昼食べてしまおうということで歩いていたら、四角い発泡スチロールの箱をもった人が
店に入るのが見えました。箱の中に見えたのは生しらすと新鮮な魚達。
食べたいのは生しらす ”やった!ここにしよう!”11時25分頃で支度中の札が下がって
いたのですが、ちょうど店の人が出てきたので、聞いてみたらOKとのこと。 
店の名前は「風流亭」と書いてありました。
生しらす丼だけではつまらないねという事でオーダーしたのは 『生しらす膳』


e0055176_11203128.jpg今届いたばかりの生しらすが出てくるだろうということで、
わくわくでしたが、目は☆彡光っていて、期待に違わず
とても美味しかったです。
膳についた右下の「すいとん」や、刺身もね。
この後出た栗のプチデザートも美味しかったです。

良いお天気だったので、富士山がとてもきれいに見えます。




江ノ島大橋を渡って江ノ島へ。エスカーに乗ってコッキング園、展望灯台へ。
エスカーって何?と思ったら、エスカレーターだったのです・・・
展望灯台からの眺めは又素晴らしいものでした。
江ノ島大橋から見えるのは藤沢市。江ノ島も藤沢市だったのですね。


展望灯台から反対側を見ると、見渡す限りの光る海。地球って丸いを実感。


下に下りて岩屋洞を見て、江ノ島水族館へ。
e0055176_16101316.gif

アシカのショー、ペンギン達の説明、大きい水槽に入って魚達と遊ぶ(?)お兄さんを見て
さあ帰りましょう。秋の日はつるべ落とし。充実した1日でした。
by nhana19 | 2006-11-13 23:37 | ミステリーツァー
ミステリーツァー 葛飾柴又へ
 今日のミステリーツァーは・・・電車に乗ってからあわててしまいました???
行き先は、昨日映画を見たときに葛飾柴又の「山本亭」と決めていたのです。
朝、駅に集まって、電車に乗って(もちろん東京行き?)・・・「どういう風にしていくの?」
三人とも、葛飾柴又は分かっていても、行き方が分からないのです。
東京行きに乗ってしまったので →八丁堀降車 →日比谷線で人形町 →都営浅草線で
・・・?・・・京成高砂 →京成金町線で柴又  もう忘れちゃいましたが、2時間近くかかって
慣れない線に乗ってやっと着きました。その頃には雨がザーザー。
とりあえず帝釈天参道に入り雨宿りかたがた食事にしました。
e0055176_2245147.jpg
「矢切御膳」です。
雨宿りで入ったお店
甘味は、名物の草団子と、ところてんが
付いていて、そのあと、
名物白蜜の葛餅までサービスで
出してくれました。
でもその後雷まで鳴り出して・・・
ゆっくりと雨宿りさせてもらいました。

少し明るくなってきたので、「山本亭」に向かいました。
「山本亭」は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズガーデニング」が実施
した日本庭園ランキング調査で2004年・2005年連続で3位にランクされたところです。
昭和初期の資産家山本栄之助翁以降4代に亘って居宅した所で、文化財的価値が高く評価
されています。


ちなみに1位は足立美術館、2位は桂離宮、4位は京都の無鄰庵だそうです。
私にはなぜ3位なの?と・・・山県有朋の別邸跡の無鄰庵もそんなにいいかな?(大阪時代
何度か行ったけれど)・・・なんて。私の見る目がないのですね。きっと。

 山本亭から隣接する「寅さん記念館」に行きました。その頃には雨も止んでいました。
e0055176_23203449.jpg
これは1作から48作までの撮影に使用した「くるまや」のセットです
大船撮影所の閉鎖とともに、この記念館に永久保存されることになりました。

e0055176_23245731.jpg
のれんに「くるまや」と書いてありますが、
はじめのほうの映画では、帝釈天
参道でだんごやをやっているお店の
名前は「くるまや」ではなく「とらや」でした。

実際の話で、参道で団子やさんを開いていたある店が、古くなった店を改築したときに、
店の名前まで「とらや」に変えてしまいました。
山田洋二監督が、映画で「とらや」と言う名前を使ってあり、店の宣伝になってしまうので、
名前を変えてくれないかと頼んだそうです。
でもその店は「とらや」を登録商標にしてしまったので、山田洋二監督は裁判に負けてしまい
結局映画の中での店の名前を、「とらや」から「くるまや」に変更したそうです。
そういういきさつがあったのも今回始めて知りました。

 「山本亭」「寅さん記念館」から歩いて10分くらいのところには、矢切の渡しもあり
葛飾柴又には、温かく人々を迎え入れてくれる日本人の心の原風景があるのでしょう。

帰りは船橋まで出て、武蔵野線で帰ってきました。

More
by nhana19 | 2006-09-27 22:22 | ミステリーツァー
映画 「マッチ・ポイント」
  今日はミステリーツァーではなく予定の範囲内の行動です。
友人がテレビで見て美味しそうだったからと、 「銀座古川」
e0055176_20265748.jpg
 ☆魚介類のクリームシチュー☆
とても濃厚なスープで作ったホワイトソース
に、ホタテ、かに、海老、白身魚、貝が入って
いて、とてもおいしいシチューでした。

サラダ、ご飯、漬物がついていますが、
シチューにご飯って面白いですね。


食事をしてから、銀座シネスイッチで映画「マッチ・ポイント」を。
8日「トランス・アメリカ」を見たときと同じ映画館です。
室内が狭いせいか、上映10分前に行ったらほとんど満席でびっくり。2階席で見ました。
この映画の出演者、スカーレット・ヨハンソンをみて、美しくなっているのに驚きました。
前に「ロストイントランスレーション」「真珠の耳飾の少女」を見たときにはまだ10代。
今年で22歳になるようですが、まるで蝶に変身したようなあでやかさでした。
役柄のせいもあるのかな。

そのゲームを決める最後のポイント”マッチ・ポイント”がどこにあるのかと見ていてワクワク。
「これが”マッチ・ポイント”だったんだ」と分かったときには☆彡☆彡☆彡  
最後の描き方、賛否両論あるようですが、この結末”あってもいいかな !”と・・・
知ってしまったらつまらないので、内容は書けないけれど、映画はとても面白かったです。
お薦め★★★★★
by nhana19 | 2006-08-28 20:23 | ミステリーツァー
今日のミステリーツァー
 私たちは月に何度か、見に行ったり食べに行ったりしています。
なぜミステリーツァーなのかというとほとんど行き当たりばったり、思い付きだからです。
今日のメインは、シネスイッチ銀座でやっている映画「トランスアメリカ」
映画は2時20分からなので、先に食べましょうということで、ある友人オススメの「うまや」
前日まで予約していたら「うまや御膳」というコース料理が食べられたのだけれど当日では
駄目という事で、「市川猿之助の楽屋めし」にしました。
オープンと同時に入った私たちですが、あっという間にお店は満室になってしまったようです。
e0055176_19381141.jpg
「市川猿之助の楽屋めし」は1300円。
銀座の値段としては安いです。
麦ご飯か、白米か選べ
生卵がついていて(面白いです。)
ミネラルウオーターのペットボトルが置いて
あり、水はセルフサービスでという事でしょう。
4人から6人位が入れる個室になっている
ので、落ち着いて食事が出来ます。

その後まだ時間があるので、私の念願の「アンリ・シャルパンティエ」
大阪に住んでいた頃は、よくアンリ・シャルパンティエの芦屋店、北野店へ通いました。
e0055176_19593591.jpgあの頃はクレープシュゼットが大好きで、目の前でフランベしてくれるのでそれも楽しくて。
今回は友人がオーダーして、やはり目の前でフランベしてくれました。
私は3つのグラスで構成されたスウィーツを。e0055176_2024349.jpg

お店を出るとき友人達がお手洗いに立ちました。さあお手洗いはどこでしょう?
螺旋階段の周りは本棚になっていて、本がぎっしり(?)
この本棚のところに「PUSH」と書いてあって、そこが隠し扉になっていました。すごい!
e0055176_20141396.jpg

高級イメージに作ってあり、何となく落ち着かない雰囲気にさせられるお店でした。

 映画が始まる時間にはお腹もいっぱいになり、ちょっと眠たい雰囲気。
不覚にも(いつものことですが)予告編から本編始めまで、眠ってしまったようです。
アメリカ的というか、ちょっと考えさせられる映画でした。
「彼女って彼?彼女?」事前に調べていた一人が「彼女よ!」
私たちは「え?彼が彼女を演じているんじゃないの?」などと言い合いながら帰ってきました。
ミニシアター系の話題作だそうです。
本年度のアカデミー賞にもノミネートされているとか。
by nhana19 | 2006-08-08 19:00 | ミステリーツァー
おのぼりさん OMOTESANDO HILLSへ
 友人と表参道ヒルズ
久しぶりに街に行ったらなんて人が多いんでしょう。おのぼりさん気分。
オープンして3週間。もうそろそろいいかなと思ったらなんのその。
e0055176_23512132.jpg
同潤会青山アパート跡地にオープン。

設計は安藤忠雄。

建物の高さをケヤキの並木と同程度に
低く抑え、違和感無く自然に表参道に
溶け込んでいる。

中に入ると、広がりと明るさに驚く。
中央の吹き抜け。
それを囲むスパイラルスロープ。
地階まで自然光の入るアトリウム。

たくさんのブティック、レストランが並ぶ
スロープをゆっくり上っていくと
いつの間にか最上階の6階についている。
お昼近かったのでどこかに入ろうと思ってみると、大分たくさんの人が並んでいる。
並んでいないところは行ってみると、予約の人でいっぱいです。と断られる。
仕方が無いので表参道に出て、近くのレストランで食事を。
それから歩いて、青山の「岡本太郎記念館」へ。
ここは岡本太郎氏が84歳で亡くなるまでの、アトリエ兼住居だったところです。
e0055176_039881.jpgなつかしい「太陽の塔」
大坂万博のモニュメントとして岡本太郎が建造したものです。
大坂時代、万博公園の近くに住んでいて、よく遊びに行きました。
存在感に圧倒されながら太陽の塔を見上げたものでした。
e0055176_0543242.jpg
e0055176_057875.jpg
←左の画像は、浦安市運動公園にある
「躍動の門」。
岡本太郎氏の作品です。
見ているとエネルギーを感じる作品です。
e0055176_1579.jpg








  ↑上は、岡本太郎記念館にあった作品ですが、躍動の門のモデルになった作品に見えませんか。友人達と、そんな話をしながら家に帰って来ました。

若者の街、表参道。
ちょっと場違いな感じはしたけれど、久しぶりに街に繰り出したという気分になりました。
by nhana19 | 2006-03-01 23:57 | ミステリーツァー
今年初見の桜 ”河津桜”
 『河津桜』   今まで話には聞いていたけれど、なかなか行くことができず、
今年もまた見送りかな?・・・と思っていたところ、昨日の夕方、知人に会って
先週22日見てきたけれどまあまあだったわよ・・・との話を聞き、友人に話したところ
即!  今日行きましょうという話になりました。
e0055176_21222960.jpg
曇り空ではあったけれど、行きは新幹線で
熱海まで行き、その後ローカル線で。

新幹線に乗ったら思わず旅行気分になって、「金目鯛のあぶり寿司」の駅弁を買って
食べました。友人の「アジのあぶり寿司」と
取り換えっこをしながら。
まあまあのお味・・・?

河津に着いたら、まあなんて混雑しているのでしょう。
たびともなどのバスツァーがたくさんきていました。
河津桜は花が大きく、色の濃い、美しい桜ですが、ソメイヨシノのようなはかなさは
無いように思いました。
e0055176_21363393.jpg
e0055176_21365088.jpg

帰りはゆっくりと、踊り子号のグリーン車で帰ってきました。(-。-)zzz゜゜゜
by nhana19 | 2006-02-28 20:59 | ミステリーツァー
高尾山の紅葉
  今日も暖かく良いお天気でした。
前から行きたいと思っていた高尾山にやっと今日行くことが出来ました。。
紅葉ももう終わりかな?・・・と思いながら行ったのですが、
e0055176_2024392.jpg
リフトのある山麓駅に着いたら満開の桜の木が1本。
可憐に咲いていました。なんという名前の桜でしょう?今頃咲いているのは。
リフトから両側に見える紅葉は見事に色づいていました。山上駅でリフトを降りて歩き始めましたが、なんて暖かいんでしょう。汗までかいてしまいました。
たこ杉、薬王院とたどり山頂へ。たくさんの人でにぎわっていました。
降りながら見た、仏舎利塔のところの紅葉が特に見事でした。

e0055176_2092146.jpge0055176_2094235.jpg
e0055176_2010747.jpge0055176_20102768.jpg


帰りはケーブルカーで・・・
うかい鳥山に食事の予約もとってあり、お腹がすいていたので、とても歩いて降りる時間(?)も気力もありませんでした。でも、それは私だけ。
みんなは、後30分くらいは歩きたかったわねと言っていました。(余裕~)
うかい鳥山は、庭がとても見事でした。広大な敷地内に、離れの部屋が点在し、4~5人位になるとそのお部屋でゆっくりお話ししながら食事が出来るのでとてもいいです。
小川をうまく取り入れた庭のつくりに、まるで京都に来たような気持ちになりました。
今は紅葉ですが、四季折々庭が楽しめそうです。
e0055176_20491670.jpge0055176_20494082.jpg


高尾山の紅葉と、うかい鳥山のすばらしい庭と、鳥料理、堪能してきました。
by nhana19 | 2005-11-30 20:15 | ミステリーツァー