カテゴリ:草津良いと~こ~♪( 96 )
草津良いと~こ~♪ ・・・の秋 もって菊
東北に行くと菊の花には”もってのほか”とか”もって菊”と名前が書いてありますが、この辺りではただ”食用菊”とだけ書かれています。
食用菊ではあるんだけど、菊にも名前があると思うのよ(笑)
「天皇の御紋である菊の花を食べる とはもってのほか」とか、「もってのほかおいしい」といったことから言われたらしい”もってのほか”。
私はこの名前で呼びたいです(^^;)

草津からの帰り道の駅で売っていたので買ってきました。
e0055176_2220850.jpg
e0055176_22191713.jpg

お酢を入れてさっとゆでます。
香り、風味、シャキッっとした歯触り。秋を満喫しました。
e0055176_22212687.jpg

by nhana19 | 2015-11-16 22:19 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~白根山経由で~
今日は晴れました。
白根山がよく見えます。
e0055176_204894.jpg
今回はだめかなと思っていましたが、浅間山も見えてとっても嬉しいです。
e0055176_2052574.jpg
朝食はバティオで庭を見ながら。
e0055176_206810.jpg
e0055176_2062643.jpg
お天気になったので庭に出て私たちのシャトー棟を見上げます。
このシャトー棟に、1年に1度最上階に天皇陛下たちがお泊まりになられます。
e0055176_2075692.jpg
この実はなんていうのかな。
e0055176_2083983.jpg
この1本のもみじだけ燃えるような色です。
e0055176_2015954.jpg
なんて美しい。
e0055176_2016473.jpg

白根山経由で帰ります。
以前ここにおみやげ物屋さんが営業していて、駐車場に車を止めて白根山に登ったり、湯釜を見ることができたのですが、今はもう登れません。
e0055176_20252778.jpg
駐車場付近に車をちょっと止めただけで、警備の人が走り寄ってきて、「車を止めてはいけません。すぐ出してください。」と言われました。
弓池周辺ももう散策することができません。
これは火山警戒レベルが1から2に変更になったためです。
e0055176_20261781.jpg

昨年の5月には上ることができた白根山なのに、今では車を停止することすらできないのが悲しいですね。

晩秋の志賀草津高原ルート。葉を落とした木々はまるで骨が林立しているようです。
e0055176_20273754.jpg

帰り上信越道 東部湯の丸SAのレストラン前にこんな看板が・・・
e0055176_21115765.jpg

おいしくいただききました。
e0055176_21121923.jpg
来年のNHK大河ドラマは『真田丸』ですものね。
e0055176_21135293.jpg

晩秋の草津、来年は秋真っ盛りに行きたいです。
by nhana19 | 2015-11-16 00:02 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~ベルツの森&湯畑~
ホテルヴィレッジの朝の散歩。今日はベルツの森 モネの池方面へ
e0055176_2325652.jpg
e0055176_233841.jpg
e0055176_2331879.jpg
朝食はホリホックで
朝はほとんど食べない私が、ここに来ると食べられちゃうのよね。散歩もしたしネ!
e0055176_234184.jpg
朝カレーは嬉しいな♪
e0055176_23281597.jpg
e0055176_2344788.jpg
散歩の後のデザートは格別!
e0055176_2328396.jpg

今日は雨模様。
でも湯畑まで歩いて散歩。途中ジュウガツザクラが咲いていました。
e0055176_238011.jpg
e0055176_2381278.jpg
お気に入りのお店ですコーンを買って
e0055176_2384653.jpg
部屋で軽くランチ?ジャムはホテルのお土産売り場で買いました(^^)
e0055176_2392263.jpg
ほぼ1日雨で午後は部屋で読書。
月村了衛さんの「土漠の花」一気に読んじゃいました。おもしろい!お勧めです。
e0055176_23204117.jpg
夕ご飯はパティオでディナーバイキング
e0055176_23213380.jpg

上げ膳据え膳、部屋で読書。くつろぎの1日になりました。
by nhana19 | 2015-11-15 22:59 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~信州上田別所温泉~
別所温泉の源泉の歴史は古く、記録で確認できるのは825年(平安時代)からですから、その前から温泉は湧出していたということになりますね。信州最古の温泉、皇室が選んだ日本三御湯の1つでもあります。
ちなみに日本三御湯(みゆ)とは・・・日本三御湯は第84代順徳天皇の選出したもので
秋保温泉(名取御湯)(宮城県)
別所温泉(信濃御湯)(長野県)
野沢温泉(犬養御湯)(長野県) とされています。

草津に行く途中、今回は信州上田別所温泉のお寺を訪ねることにしました。
紅葉というより黄葉がとてもきれいです。
e0055176_22212948.jpg
別所温泉に近づくにつれ六文銭の・・・
e0055176_22233734.jpg
e0055176_22234966.jpg
安楽寺前の紅葉
e0055176_22324091.jpg
本堂
e0055176_22511832.jpg
内には重要美術品である『大坂夏の陣図屏風』(六曲一双)のレプリカがありました。
e0055176_22383023.jpg
解説によると鳥居前に位置する赤い旗指物を持っている軍勢が真田軍とありました。
幸村は六文銭の家紋を戦旗に使おうとはしなかったそうです。これは東軍に参加している真田信之へ遠慮したというよりも、「こたびの先陣において・・・」自分は独自の戦をするという意味が込められているということです。
e0055176_22445482.jpg
本堂の左手を抜けて階段を上ると、国宝 八角三重塔(日本最古の禅宗様建築)が見えてきます。
e0055176_2247177.jpg
木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築だそうです。
e0055176_22501366.jpg

常楽寺
e0055176_2256464.jpg
国重要文化財 石造多宝塔
鎌倉時代、頼真という和尚さんが、木造の多宝塔が消失してしまったので、今度は石で多宝塔をつくりお経を奉納しました。石造りの多宝塔のすぐれたものは全国的に少なく、わが国で重要文化財に指定されているものは滋賀県の「少菩提寺塔」とこの常楽寺塔の二つだけです。
e0055176_2352376.jpg
北向観音堂の愛染カツラをみて、そば久でおそばを
e0055176_19123724.jpg
イチョウ切りの大根が天日干ししてありましたがそれを煮たのと、白菜の漬物、自家製漬物がとても美味しかったです。
e0055176_19125377.jpg
手打ち新そば。とっても美味しい♪
e0055176_191353.jpg
そばだんごがここの名物らしいのでたのみました。あんこ、ワサビ醤油、砂糖醤油をお好みでつけて食べるそうです。揚げたて、カリッとしてとても美味しかったです。
e0055176_1919142.jpg
夕方草津到着。懐かしい我が家に帰ったようで、思わず「ただいま~!」
e0055176_19202557.jpg
e0055176_19203672.jpg
e0055176_19204618.jpg
e0055176_1921135.jpg

by nhana19 | 2015-11-14 23:48 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~星野リゾートハルニレテラス~
二泊三日の上げ膳据え膳はあっという間に終わり帰る日です。
e0055176_21435255.jpg

梅雨時とあって浅間山は見えず、雨模様のお天気でした。
キャベツ畑を通りすぎ、
e0055176_2145531.jpg
星野リゾートハルニレテラスで昼食。
なんて素敵な演出でしょう。
e0055176_21492462.jpg
e0055176_21493234.jpg
e0055176_2158342.jpg
e0055176_21585570.jpg
昼食は私たちのお気に入りのお店で。
e0055176_21593773.jpg
e0055176_2231662.jpg

旧軽井沢を散策しミカドのモカソフトを食べて・・・
e0055176_2295834.jpg
ただいま。こんな空が迎えてくれました。
e0055176_2212297.jpg

by nhana19 | 2015-06-30 21:34 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~チャツボミゴケ公園~
雨の中、東アジア最大級のチャツボミゴケ群落を見に、チャツボミゴケ公園に。
チャツボミゴケと穴地獄
チャツボミゴケは、苔類のウロコゴケ目ツボミゴケ科に属し、学名をユンゲルマンニア・ブルカニコーラといいます。
強酸性の温泉水が流れる場所に育つ珍しい苔で、ここは国内最大規模の群生地です。
この場所は「穴地獄」と呼ばれ、、元は白根火山の爆発でできたすり鉢状の大きな穴で、硫酸酸性泉の20℃程の鉱泉が湧出し、動物が穴に落ちると出られなくなって死んでしまうことからこの名前がついたといわれています。
現在は平地となり当時の面影は残っていません。
e0055176_21185036.jpg
穴地獄全容
e0055176_21192840.jpg
e0055176_21193897.jpg
綺麗な苔でした。
e0055176_2120306.jpg
e0055176_21204096.jpg
e0055176_21205159.jpg
e0055176_2121159.jpg

チャツボミゴケ群落は芳ヶ原湿地群の一部として、ナムサール条約に登録されました。

夕ご飯はドングリで。
e0055176_21251937.jpg
とにかくボリュームがありすぎて、これだけでも二人で食べるには多過ぎます。残さないように食べるのに精いっぱい。
本当はピザもパスタも食べたいのですが、とったらお持ち帰りになっちゃいます。
パスタ一皿で二人分はありますから(笑)
予約をしておかないと入れない人気店でもあります。
e0055176_21274862.jpg
e0055176_21275839.jpg
e0055176_2128137.jpg

by nhana19 | 2015-06-29 20:06 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~ベルツの森の小紫陽花~
パティオで朝食。
e0055176_20522429.jpg

ベルツの森を散策。
e0055176_20525779.jpg
e0055176_2053731.jpg
小紫陽花の群落がずっと続いています。
e0055176_20541066.jpg
e0055176_20542419.jpg
梅雨時なので花が開いたようなこんなきのこもありました。
e0055176_2055336.jpg
小紫陽花は太陽が照るとよく香るということですが、雨の後なのであまり香りません。
e0055176_20573375.jpg

今年も小紫陽花に会えてよかったです。
by nhana19 | 2015-06-28 23:45 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~草津湯畑~
赤城山に上り(車で)、世立八滝の大仙の滝を見てホテルに到着。
温泉に入っちゃうからいつも使ったことのないジャグジー風呂&懐かしい部屋。
e0055176_20253967.jpg
温泉に入って
e0055176_20255868.jpg
夕飯を食べて
e0055176_20261760.jpg
ホテルのバスで湯畑へ。
e0055176_20313885.jpg
e0055176_20314625.jpg
木枠の中の湯を「御汲上げの湯」と呼びます。八代将軍吉宗や十代将軍家治が、この木枠の中の湯を樽詰めにして江戸城へ運ばせたという話は有名です。
e0055176_20362388.jpg
e0055176_2036327.jpg
新生熱乃湯もオープンしていました。
e0055176_2038134.jpg

ホテルに帰ってゆっくりZzz・・・上げ膳据え膳っていいな~♪
by nhana19 | 2015-06-27 23:14 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~世立八滝(よたてはちたき)大仙の滝~
中之条町 六合(くに)は野反湖に行くときによく通っていた道なのに、今まで世立八滝(よたてはちたき)なるものがあるなんて知りませんでした。
今回行ってみました。
世立八滝(よたてはちたき)は、白砂川支流の八石沢川の八つの滝の総称です。
大仙(おおぜん)の滝、段々(だった)の滝、箱の滝、久内(きゅうない)の滝、不思議の滝、井戸の滝、殺人(さつうぜん)の滝、仙の滝と、それぞれ趣の異なる表情を見せているそうです。
e0055176_16121741.jpg

地図でもわかるように、大仙(おおぜん)の滝と仙の滝は遊歩道が整備され、車路から近いところにありますが、他の滝を見ようと思ったら、険しい山道を通っていかなければいけません。「今回は大仙(おおぜん)の滝見るだけにしとこ!」夫と意見が一致。

大仙(おおぜん)の滝
世立八滝の中で最も簡単に行ける滝です。滝見ドライブイン手前の遊歩道を1~2分程度歩くとすぐに見られます。
直下型の落差約20メートル、巨大な滝つぼのある滝です。
八石沢川の最下流にあるので、この滝を見れば上流の滝の水量を推し量ることができます。滝つぼに落ちる水しぶきがすごくて、マイナスイオンを沢山浴びました。
e0055176_16123714.jpg
段々(だった)の滝に向かって歩いたところに、天狗の左足跡がよく見えるスポットがあるというので歩いてみました。
天狗の左足跡
岩の上方に縦2m、幅1.5mほどの天狗の左足跡が見えます。
大昔、天狗が岩に飛び移る際、一本歯の下駄では移りかねて、素足になって飛び移った際にできた足跡とされています。(ふ~~ん!どこで左足と分るのかな?)
e0055176_16194134.jpg
e0055176_16195089.jpg
草津に来て今年初見の小紫陽花。
小紫陽花は日本固有種の花で、ほのかに良い香りがします。
この香りはココ・シャネルが最初に作った時の香水の香りだといわれています。
e0055176_16211234.jpg
明日はホテルヴィレッジの森で沢山の小紫陽花に会えるでしょう。楽しみです。

健脚の方は是非世立八滝を歩いてみてください。素晴らしい景色に会えるでしょう。
by nhana19 | 2015-06-27 15:39 | 草津良いと~こ~♪
草津良いと~こ~♪ ~赤城山 ~
赤城山経由で草津行きです。
赤城山は榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一つに数えられています。また、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれています。
前橋から見るだけの山でしたが、今回車で上って見ることにしました。
e0055176_23431449.jpg

覚満淵(かくまんぶち)
高山植物や中層湿原から高層湿原の湿原植物の宝庫で、「小尾瀬」とも称されます。
上から見ると
e0055176_12563317.jpg
歩いてみることにしました。
e0055176_23511496.jpg
まだ午前10時半頃だというのに雲に覆われ暗いです。
e0055176_23503170.jpg
レンゲツツジがきれいに咲いていました。
e0055176_23592671.jpg
カルデラ湖の大沼(便宜上「おおぬま」と呼称されるが、正式には「おの」と発音する。)
標高1,345mの赤城山頂にあります。
e0055176_051931.jpg
この橋を渡ると赤城神社が鎮座しています。
e0055176_055775.jpg
e0055176_06973.jpg
深さは最も深いところで16.5メートルあるそうです。
e0055176_071553.jpg
火口湖の小沼(こぬま、この)
標高1,450mで、地蔵岳の南東に位置する寄生火山の爆裂火山湖です。
麓の赤堀道元という長者の16歳になる娘が入水し竜神に変わり沼の主となったという悲しい話があるそうです。雲で霞んでいたのでなおさら幻想的に感じました。
e0055176_0152363.jpg

ピーカンの日に覚満淵(かくまんぶち)や大沼、小沼を見たらきっとまた違う印象でしょうね。今日はとても幻想的に見えました。
次回は周りの山にも登ってみたいな~♪

草津に向かいます。
by nhana19 | 2015-06-26 22:51 | 草津良いと~こ~♪