カテゴリ:奈良徒然( 11 )
東大寺二月堂の修二会
エキブロ春の投稿まつり「私らしく春を先撮り!小さい春、み~つけた!」

東大寺二月堂の修二会を見に奈良へ行ってきました。

毎年3月1日より14日まで東大寺二月堂で行なわれる「修二会(しゅにえ)」。正式には「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、二月堂の本尊である十一面見世音菩薩の宝前で、日常の様々な過ちを懺悔し、また国家安泰や五穀豊穣などを祈る行法を意味します。
東大寺の長い歴史の中で、一度も絶えることなく今日まで引き継がれてきました。
天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟実忠和尚(じっちゅうかしょう)が創始されて以来、今年で1265回を数えます。

私たちは11日に行ったのですが、午後7時に東大寺の大鐘がならされ、それを合図に「お松明(たいまつ)」が点火されました。お松明は合計十本ですが、そのそれぞれに練行衆が一人ずつ後ろについて二月堂本堂に上堂してゆきます。
即ち「お松明」は上堂する練行衆の道明かりということになります。

二月堂が見えてきました。(16:25)
e0055176_235225100.jpg
7時になるまで「お松明」を見たり、二月堂に上がったり、休憩所でお茶をいただいたり、二月堂の周りを散策したり・・・
e0055176_23541270.jpg
e0055176_23542661.jpg
e0055176_23565236.jpg
5時45分になったら、二月堂内に残るか、下に降りるかの選択をしなければいけません。
下に降りることにしました。これから1時間強、ここで待機。
寒い~!もっと厚着してくるんだった^^;
ただいま6時30分。あと30分。凍えて身体はカチカチです。足踏み!足踏み!
e0055176_015219.jpg
7時。照明が消えました。
e0055176_053484.jpg
始まりました。
e0055176_06949.jpg
e0055176_062190.jpg
e0055176_063817.jpg
火の粉を浴びると一年間無病息災で暮らせると言われています。
でも、髪の毛が焼ける?服に穴が開く? 火の粉を浴びるところにはいけませんでした。
e0055176_08671.jpg

帰りはリニュアルオープンしたばかりの「志津香」で釜飯を食べました。
昼間はこのお店すごいんですよ。人気店で1時間待ちはざら。
のぞいてみたら意外に空いていて、今は「お水取り」の時期なのでこの時間でも開けているんですよ・・・とお店の人が言っていました。食べられてラッキー!嬉しかったです。
e0055176_0155015.jpg
e0055176_016659.jpg
最後にお釜にへばりついたお焦げがとっても美味しいです。
e0055176_016481.jpg


お水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれています。
by nhana19 | 2016-03-14 23:15 | 奈良徒然
秋の奈良へⅣ~万博公園&松竹堂フルーツ餅~
昨夜は友達の家に3人で寄せてもらい、朝方4時過ぎまで話をしていました。
久しぶりに会うと話は尽きないものです。
久しぶりの大阪、阪急電車が懐かしい。南千里の駅がすごく変わっていてびっくり。
「友達がどこに行きたい?」というので、万博公園行きたい~!太陽の塔さんにご挨拶ね!
e0055176_22182132.jpg
そのあと、万博公園の近くにある松竹堂に連れて行ってもらいました。
ここはお取り寄せ(地方発送)ができないので、直接買いに行くしかありません。お土産でいただいたり、大阪に行った折に友達にいただいたりと、私自身で行くのは初めてです。
友達に予約しておいて貰って買いに行きました。今の旬は柿と栗。マッシュの栗の中に大きい栗がもう1個。嬉しい~♪最高に美味しい!
e0055176_22251424.jpg

友達と別れて、セント君のお茶を一杯いただいて奈良へ帰宅。
e0055176_22345157.jpg

今回も奈良を満喫させてもらいました。家族ってありがたい~♪
by nhana19 | 2010-11-06 20:44 | 奈良徒然
秋の奈良へⅢ ~橿原神宮・藤原京跡~
炎天下の夏に行ったときには汗だくでしたが、今日の橿原神宮はさわやかです。
そして、夏には無かった大絵馬がありました。七五三の時期だからかしら?
e0055176_0215064.jpg
「白虎」の大絵馬を見ることができてよかった!
e0055176_23481847.jpg

『香具山(かぐやま)は 畝傍(うねび)ををしと 耳梨(みみなし)と 相(あひ)あらそひき 
神世(かみよ)より かくにあるらし 古昔(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ 
うつせみも 嬬(つま)を あらそふらしき』 ー中大兄皇子(天智天皇)ー
=香具山は、畝傍山を妻にしようとして耳梨山と争ったそうだよ=という意味のようです。

藤原京は持統天皇の8年(694年)から和銅3年(710年)まで持統・文武・元明天皇3代にわたる都でした。藤原宮はその中心部にあたり、現在の国会議事堂および霞が関の官庁街を一か所に集めたようなところです。
藤原宮跡。列柱の再現表示をしています。(後方 香具山)
e0055176_07494.jpg

藤原宮跡より香具山を望む。一面のコスモスがきれいでした。
e0055176_23554646.jpg
藤原宮跡より耳梨山を望む。
e0055176_093595.jpg

藤原宮跡からではありませんが、橿原神宮の背景にあるのは畝傍山です。
e0055176_021768.jpg

古に戻ったような気分を味わってきました。万葉集をもう一度ひも解いてみようかしら・・・
by nhana19 | 2010-11-05 23:28 | 奈良徒然
秋の奈良へⅡ~春日大社 ・新薬師寺~
奈良国立博物館で催されている「正倉院展」を見たかったのですが、なんと75分待ち。
e0055176_12324768.jpg
パスして奈良仏像館の展示物を見ることにしました。
e0055176_12202232.jpg
茶店であんみつをいただき、
e0055176_12295718.jpg
さあ春日大社へ。
e0055176_1230647.jpg
春日大社へ行く途中に「四季桜(十月桜)が今咲いています。」の万葉植物園の案内板に、思わず足が向きました。今の季節あまり花は咲いていませんが、万葉の歌にに詠まれた花々の名前が記してあり、また季節を変えてきたいなと思いました。
e0055176_21412398.jpg
春日大社は大阪に住んでいたときに何度か通った思い出の場所です。
釣燈籠をゆっくり見て歩きながら・・・直江兼続奉納の釣灯籠もありました。春日大社万灯籠を一度見てみたいな・・・とも思いました。
e0055176_22123296.jpg
ささやきの小径を歩きながら新薬師寺へ。
新薬師寺は萩の寺としても知られるが、今、飛鳥時代の金銅仏であり、近年になって盗難に遭った旧国宝・香薬師如来立像の写しが特別開帳されていました。
e0055176_23155972.jpg
e0055176_23194443.jpg

国立博物館の正倉院展は見られなかったけど、春日大社の釣灯篭や、特別開帳されていた香薬師如来立像の写しを見ることができてうれしかった~♪
by nhana19 | 2010-11-04 23:02 | 奈良徒然
秋の奈良へ
奈良へ向けて朝6時出発。
東名で沼津くらいまでは行ったことがありますが、それ以降は初めての道路。
富士山が見えてきたときはやはり感激しますね~
e0055176_11171536.jpg

富士川SA休憩。8時20分。ここからはすそ野のラインまできれいに見えます。
e0055176_11183335.jpg
昔トンネル事故のあった日本坂トンネルをくぐり、牧ノ原周辺まで来ると、左右に綺麗な茶畑が見えてきました。伊藤園の工場(?)…らしきものも見えました。お茶の静岡ですね。
e0055176_11274098.jpg
浜名湖を通過し、ミカン畑がたくさん。三ケ日の標識が見えました。
e0055176_11282051.jpg
名古屋市内には入らず、伊勢湾岸道へ。綺麗な道路!
e0055176_1143410.jpg
e0055176_11505084.jpg
あの観覧車は?すごいジェットコースター!長島温泉(ナガシマリゾート)だそうです。
e0055176_11503080.jpg
四日市Jctから東名阪、西名阪を通り~・・・
e0055176_11532488.jpg
奈良到着2時半、お天気も良く快適なドライブでした。
by nhana19 | 2010-11-03 23:39 | 奈良徒然
奈良Ⅴ Rediscovery
大阪から東京へ転勤して以来久しぶりに訪れた奈良は私に新旧の顔を見せてくれましたが、”新”もまた佳し! 活気を感じました。
残念だったのは・・・「リストランテ イ・ルンガ」
e0055176_1252054.jpg
e0055176_12521754.jpg


この5日間で、たくさんの再発見ができました。
ありがとうございます。またよろしくおねがいします。
e0055176_12475334.jpg

リストランテ イ・ルンガも再挑戦しましょう。
by nhana19 | 2010-08-23 22:41 | 奈良徒然
奈良Ⅳ ~奈良公園&東大寺~
奈良4日め 奈良公園に行ってきました。
降り立ってどこを見てもしか・シカ・鹿・・・こんな立て看板がありました。
e0055176_85376.jpg
e0055176_8561063.jpg
まず腹ごしらえ。地元の人のお勧め店だそうです。釜飯「志津香」
入るのも、炊きあがるまでも結構待たされました。外国の方が何組か・・・
e0055176_11302541.jpg
奈良七種釜飯定食をいただきました。お焦げが美味しかった~♪
e0055176_11304495.jpg

東大寺へ向かいます。
南大門の「仁王像」はわが国最大の木彫像。
高さ8.4メートルの巨大な木像で、門の向かって右に吽形(うんぎょう、口を閉じた像)、左に阿形(あぎょう、口を開いた像)。これは一般的な仁王像の安置方法とは左右逆であるそうなので、今度他のお寺も意識してみてみようと思います。
また吽形と阿形が向かい合っているのも珍しいですね。普通は正面を向いていますよね。
今まで、吽形像は運慶作で、阿形像は快慶作というのが常識でしたが近年の解体修理時に見つかった像内納入文書からその説が覆され、吽形像は大仏師定覚、湛慶で、阿形像は大仏師運慶、快慶がかかわったとのことです。見ているだけですごい迫力。気を感じました。
e0055176_11562069.jpg

大仏殿前の国宝「八角大燈籠」
大仏殿(金堂)の前庭にある「八角灯籠」で、わが国最古最大の鋳銅製灯籠です。
太平洋戦争後、アメリカの文化財の分かる高官がこの灯籠を見て、もしアメリカが日本から賠償金を取るならばこの灯籠で充分と言われたという話があるくらい価値のあるものです。
『東大寺に行ったら、八角大燈籠をじっくり見る』願いが叶いました。
e0055176_1241779.jpg

金堂(大仏殿)」は世界最大の木造軸組建築です。
e0055176_1251948.jpg

「盧舎邦仏像(大仏)」は世界最大の金銅像で像高14.98m。存在感を感じますね。
e0055176_1272578.jpg
e0055176_1274166.jpg

大仏は完成後数十年にして亀裂や傾きが生じ、斉衡2年(855年)の地震では首が落ちるという事故があり、大仏と大仏殿は2度の焼失にあったり、雨ざらしにされたりとの変遷を経て、貞享元年(1685年)ようやく再興が始まりました。こうして元禄4年(1691年)完成。翌年開眼供養された大仏と、宝永6年(1709年)に落慶した大仏殿が現存のものです。
歴史を経てここにおわします盧舎邦仏像をこれからも大切に守っていきたいですね。
by nhana19 | 2010-08-22 23:48 | 奈良徒然
奈良Ⅲ ~平城宮跡会場~
夜は平城遷都1300年祭 平城宮跡会場へ
昼間は何の日陰もないだだっ広い会場では日射病になってしまうかしらと、丁度「光と灯りのフェア」をやっていたので夜に行ってみました。
最寄駅は近鉄の大和西大寺駅
駅中はセント君・セント君・セント君・・・
e0055176_15352230.jpg
駅から会場まで10分くらい暗い道を歩くのですが、道端にはたくさんのボランティア(?)の方が立っていて道の案内をしてくださったので、迷うことなくいけました。
暗い中に平城宮の灯りが見えたときには感激しました。
e0055176_16154182.jpg
第一次大極殿と約1万個もの燈花・・・なんて幻想的なんでしょう。
e0055176_16142176.jpg
大極殿が光の中に浮き上がって見えます。
e0055176_16193618.jpg
第一次大極殿の反対側には朱雀門が見えました。遠そうだったのでパス。
e0055176_1623489.jpg

幻想的な光のイベントを楽しませていただきました。
「平城遷都1300年祭」は、12月31日までです。これからも県内各地で、色々なイベントが催されるようです。
できたらもう一度めぐってみたいと思います。
by nhana19 | 2010-08-21 23:59 | 奈良徒然
奈良Ⅲ ~難波~
奈良3日め 難波へ
大阪に住んでいたとき、梅田から心斎橋・道頓堀まではよく行ったのに、もう少し先の難波には2~3回くらいしか行ったことなかったな~
懐かしいグリコのネオン。ちなみにこのグリコネオンは5代目だそうです。
歴史があるんですね。
e0055176_1443534.jpg
e0055176_1444822.jpg
戎橋筋、心斎橋筋のアーケードってこんなに人であふれていたっけ?!
人の流れに乗らないと歩けないほどで歩きにくかったけれど、活気があって良いですね。
もう一度大阪に住んでもいいくらい大阪が好きです。

高島屋の鼎泰豐(ディンタイフォン)で食事を。
e0055176_14514178.jpg
冷製トマト乾伴麺セット、トマトたっぷりでとっても美味しかったです。
e0055176_14515619.jpg
小籠包はイマイチでした。
あァ・・・台北で食べた小籠包美味しかった~!同じ鼎泰豐なのにね・・・
by nhana19 | 2010-08-21 23:35 | 奈良徒然
奈良Ⅱ ~橿原神宮~
奈良2日め 今日は橿原神宮へ。
e0055176_13113430.jpg

約15万坪の境内をもつ神社で、神武天皇と皇后 媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)を祭って1890年(明治23年)に創建されました。
表参道
e0055176_12365061.jpg
後方に見えるのは 「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相あらそひき 神世より かくにあるらし古昔(いにしえ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 嬬(つま)を 争ふらしき」(中大兄皇子 万葉集)の畝傍山かしら?
e0055176_12472661.jpg
内拝殿(紀元祭その他重要な祭典に使用されまた特別参拝の拝殿となります)
e0055176_1236372.jpg
回廊が素晴らしくて。
e0055176_12502832.jpg

お昼は橿原観光ホテル1Fミランドールで飛鳥鍋御膳を
奈良の地鶏と旬の野菜を、秘伝の牛乳ベースの鶏ガラスープでいただくもので、このレストランでは地鳥スープ7に対して牛乳3ということでした。
奈良に来たらぜひ食べてみたいと思っていた郷土料理だったので出会えて嬉しかったです。
e0055176_13105571.jpg
e0055176_9263892.jpg

by nhana19 | 2010-08-20 23:57 | 奈良徒然