カテゴリ:ホームベーカリー&手作り( 24 )
ホームベーカリーで食パンを
御彼岸を過ぎたころから急に肌寒くなり、突然の秋がやってきました。

パンを焼いてみようかしら・・・^^

早速ホームベーカリーを出し、計量。
強力粉 250グラム、バター 30g、砂糖30g、スキムミルク 大1、塩 小1、水 180ml
ドライイースト 3g、干しブドウ 適宜  (強力粉と水、イーストの量以外は結構適当に)
設定は パンの焼き上がり:食パン ソフト、 干しブドウ:あり、
前に焼いたときに、干しブドウを入れておいたのに、設定で「干しブドウ:あり」にしておかなかったため、干しブドウが落ちていかないで残っていたことがありました。
e0055176_2254111.jpg
設定し終わって焼き上がりの時間を見たら、5時間後になっていました。
結構焼き上がりまで時間がかかりますが、ドライイーストの匂い、トントンと軽く捏ねる音、焼き上がりの香ばしいかおりを感じながら、リビングで読書。

外国では人を招く前にはパンを焼いておこう、という言葉があるそうです。
家人は気づかないけれど、外から訪れた人は気がつく、家についている独特のにおいを消しておきましょうという心だそうです。
e0055176_234080.jpg
本当は焼き上がりすぐに切ってはいけないのだけれど、食べたくて切ってしまいました。
e0055176_23255241.jpg

リビングに漂う香りに幸せを感じながら、秋の夜長と、食欲の秋を楽しみました。
e0055176_2326623.jpg

Kちゃんの伯母さんに感謝しながら^^♪
by nhana19 | 2012-09-26 22:54 | ホームベーカリー&手作り
ホームベーカリー パン作り
パンを焼きました♪
夕方から急きょ作り始めたので、食パンお任せコースです。約4時間で焼き上がり。
友達に干しブドウをいただいていたので、それを入れて作りました。
最後の30分のパンの焼けるにおいのなんて香ばしいこと。
e0055176_21163593.jpg
熱々をケースから出し
e0055176_2116591.jpg
すぐ切ったら、なかなか上手にはきれませんでしたが、中はふんわり、外はカリカリ。なんておいしいんでしょう。ご飯を食べたあとなのに、みんなでバターを塗ってしっかり食べました。
e0055176_21184249.jpg

次回はじっくり時間をとって、一次発行までをホームベーカリーに任せて、バターロール、ウインナーロール、オニオンパンなど作ってみたいと思います。
紅茶葉を荒く砕いて入れた、紅茶食パンも美味しいわよと教えていただきました。

お正月の餅が無くなったら、餅も作ってみたいです。
楽しみ広がるホームベーカリーです。
e0055176_21253589.jpg

by nhana19 | 2012-01-21 21:10 | ホームベーカリー&手作り
ホームベーカリー
信じられないような嬉しいお話。
パナソニックのホームベーカリーをいただきました。

一時期、米から米粉パンが作れるホームベーカリー「GOPAN(ゴパン)」が話題になりました。これまでのホームベーカリーは、米粉を使って米粉パンを焼いていましたが、米粉は小麦より材料費が割高、流通ルートが限定的であるという点が課題となっていました。、三洋電機ではこのの問題を解決するために、米から米粉パンを作れるホームベーカリー「ゴパン」を新たに開発したわけですが、それ以来意外に米粉は、スーパーなども含め色々な所で手軽に手に入るようになりました。

先月末30日、お花の先生のところでもちっ子でついたお餅をごちそうになり、あっという間にできる手軽さにちょっと感激もしました。

その矢先、パナソニックのホームベーカリーをいただいたのですから、びっくりするやら、感激するやら…
このパナソニックのホームベーカリーは、GOPAN(ゴパン)のように米からは作れませんが、米粉100%パン、餅、うどん・パスタ生地など結構色々の機能が搭載されています。
ドライイーストは冷蔵庫に常備してあるし、ホームベーカリーと一緒に食パンミックス粉もいただいたので早速作ってみました。
音は意外に静か。自分でやると手こねやたたきに結構音がするものです。
e0055176_18333775.jpg

ダイナミックに切って、外のパリパリ感と、中のフンワリ感を味わいました。
これから餅も作れるし、ピザ台もすぐできちゃうね。
仕舞い込まないでいろいろ挑戦してみよう。今年の楽しみが増えました。
どうもありがとうございました。
by nhana19 | 2012-01-01 23:56 | ホームベーカリー&手作り
ブリティッシュヒルズのスコーン
 ブルティッシュヒルズの「英国文化講座」で私たちはスコーン作りをしました。
e0055176_013262.jpg

e0055176_016459.jpg小麦粉:225g グラニュー糖:15ccスプーン2杯 
ベーキングパウダー:5ccスプーン1杯
バター:40グラム 塩:1つまみ
くるみ、干しぶどう、チップチョコなど:50g
これら全てボウルに入れて
サラサラになるまで混ぜます。
”スノウパウダー”と表現していました。
そこに牛乳125cc入れますが、手ではなくナイフでさっくり混ぜます(写真)
e0055176_0303282.jpg(注)材料は混ぜすぎるとクッキーのように硬くなります。小麦粉が残っている程度でOK。
小麦粉を薄く敷いた上に、スコーン材料をまとめたものを転がす。
3センチの高さにして、型抜きで抜く。
ペーパーをしいた天板に並べ、200度に予熱しておいたオーブンで15分焼く。
焼きたては、ケンタッキーフライドチキンにある
スコーン以上に美味しいですよ。


e0055176_0421355.jpgスコーンの抜き型は直径5~6cmくらいのこんなもので。
なければ、ガラスのコップなどでもよさそうです。
e0055176_22538100.jpg

計量から、混ぜ、焼きあがるまで40分足らず。
スコーンの大好きな私は、もういつでも作ることが出来ます。
もし作りたいと思われる方は、英語で書いてあるところや写真をクリックしてもらえたら、
画像が大きく出ますので、英語のレシピなどよく見ることが出来ると思います。
e0055176_17312694.jpg
ブランチなどに試してみてください。
1日・2日たっても、20秒レンジで温めるだけでOK。
スコーンにクロテッドお忘れなく。
by nhana19 | 2006-07-03 00:08 | ホームベーカリー&手作り