カテゴリ:読書( 21 )
大人のための世界の名著必読書50

e0055176_21491789.jpg「大人のための世界の名著必読書50」を読んでいます。
この本には50編の世界の名著がとりあげられています。
『数ある世界の名著のほんの一部ではあるが、せめてこれくらいは読んでほしい』というのが、編者の願いであるらしい。果たして私は今まで何冊の本を読んでいるかチェックしてみた。
私は結構本は読んでいると思っていた・・・・・
確かに普通の小説はたくさん読んでいるけれど、
ここに書いてある50編で私の読んでいるのが如何に少ないか。「大人のための・・・」私って大人じゃないと実感!
読んだ本といえば「赤と黒」「ハムレット」「ソクラテスの弁明」「私の生涯」「戦争と平和」「罪と罰」「ファウスト」「ロビンソンクルーソー」「聖書」の9冊だけ。
『せめてこれくらいは読んでほしい、できれば学生時代に教養の基礎として接しておいてほしい、もちろん社会人になってから読んでも遅くはなく、また、年を経て再読するのもよい。
ともかく一度は読んでおいて決して損のない名著ばかりである。』と書いてありました。
 
 この固い頭で、いまさら、こんな難しい本読めるかな・・・・
でも、少しづつチャレンジしてみたいと思います。
ちなみに、夫と息子に聞いたら、半分以上は読んでいるようでした。
by nhana19 | 2005-09-15 22:16 | 読書