カテゴリ:旅&歩く&見る&食べる( 236 )
冬の東北へ Ⅱ ~盛岡 ちいたんたん体験~
盛岡には乗り継ぎで降りたことはあっても、市内観光は初めてです。
何度か来たことのある夫が、城址公園まで歩いていこう・・・ということになって
北上川に架かる開運橋を渡ります。橋から見えるのは岩手山。
e0055176_2251186.jpg
途中、盛岡地方裁判所構内にある石割桜を見ることに。
この敷地は盛岡藩の家老であった北家の屋敷跡であり、庭石の割れ目に桜の種が飛んできて芽を出し、成長とともに石の割れ目を押し広げていったものと言われています。
現在国の天然記念物に指定されています。
e0055176_22551545.jpg

盛岡に来たら”じゃじゃ麺”でしょう!・・・と、駅を降りてまず通りがかりの人に盛岡城址公園の周辺でお勧めの”じゃじゃ麺”のお店ありますか?と聞いてみました。「ぱいろん」美味しいですよ・・・周りの何人かが結構有名・・・と、勧めてくれました。
ぱいろん・・・頭に入れて石割桜を見た後、この辺りに「ぱいろん」というじゃじゃ麺やさんありますか~?と若いお嬢さんに聞いたら、丁寧に道順を教えてくれました。
行ってみました・・・「ぱいろん」って、「白龍」でした^^;
e0055176_2331345.jpg
小さいお店でしたが、3時過ぎに入ったのに満席。お持ち帰り用に買って行く人もいる。
私、お土産にもらったことはあるけれどお店で食べるのは初めて。
e0055176_23352142.jpg
良くかき混ぜて、お好みでニンニク、ラー油、酢など入れて自分好みに味付けしてね。と・・・
e0055176_23122412.jpg
e0055176_2375262.jpg

私たちが食べている間に
隣の人がじゃじゃ麺の食べ終わったお皿に生卵を割り入れよくかきまわし、お店のおばさんに何か言っている・・・。そしたらおばさんが、じゃじゃ麺のアツアツ茹で汁と、ねぎ、きゅうり、味噌をたして返してくれる。そのスープをすすっていました。
それを見て私たちも真似をして、「お願いします。」とだけ言いました。
それがこれです。
e0055176_23414036.jpg
「良くかきまわして飲んでね。」と言われました。(玉子スープなんですね。)
体が温まってとても美味しかったです。このスープ「ちいたんたん」と言うのだそうです。
じゃじゃ麺(小)450円。ちいたんたん50円。合わせて500円でした。

さあ、腹ごしらえもできたし、石川啄木の歌にもある『不来方城』に行かなくっちゃ。
盛岡城跡公園は不来方(こずかた)城と呼ばれる南部氏の居城跡です。 関東以北の石垣組の平城としては、最大の規模を誇っ ています。
e0055176_23252789.jpg
e0055176_23253994.jpg
「盛岡藩の守り岩」と言われている、烏帽子岩
e0055176_23464527.jpg
石川啄木の有名な歌碑「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心」
e0055176_23272640.jpg

帰りは市内循環バスで盛岡駅へ。
e0055176_23283975.jpg

by nhana19 | 2016-01-22 22:24 | 旅&歩く&見る&食べる
冬の東北へ Ⅰ ~平泉 毛越寺~
冬の東北へ旅に行ってきました。

私の大好きな平泉の毛越寺、何年ぶりかしら。一番最近では2012年5月に。
そして冬には・・・2010年、まさに同じ日に毛越寺を訪ねているんですね。
6年前の1月22日は雪がなかったのに、今日は雪がたくさん。感激!
e0055176_21423895.jpg
e0055176_21425589.jpg
本堂
e0055176_21431697.jpg
大泉が池を時計と反対方向に回ります。大泉が池は雪に覆われどこに何があるのやら。
出島石組と池中立石
e0055176_21451886.jpg
洲浜から大泉が池を隔て開山堂を望む。
e0055176_2149710.jpg
常行堂
e0055176_21503625.jpg
穏やかなお顔の地蔵菩薩。
e0055176_2154275.jpg
曲水の宴が行われたといわれる遣水。平安時代の遺構としては日本唯一のもの。
e0055176_2155828.jpg
開山堂
毛越寺を開かれた慈覚大師円仁をお祀りする堂です。
e0055176_21591738.jpg
開山堂から右手に築山を見ながら州浜を望みます。
e0055176_2273597.jpg

平泉は豊かな水に恵まれたところです。
「生命の源」である水は、全てのものを清めてくれると信じられていました。
奥州藤原氏が栄えた800年から900年前の時代には、仏の住む「浄土」をこの世に現わすため、いたるところに池を持つ寺院や屋敷が建てられました。
毛越寺庭園はその代表であり、自然美を取り入れた浄土庭園として有名です。

毛越寺伽藍がこんなふうに復元されたらどんなに素晴らしいでしょうね。
想像するだけでワクワクします。
e0055176_2295110.jpg

by nhana19 | 2016-01-22 21:29 | 旅&歩く&見る&食べる
新千歳空港 ~ロイズチョコレートワールド~
乗り継ぎ時間があったので、千歳空港内のロイズチョコレートワールドに行ってみました。
チョコレートをテーマとした展示をはじめ、工場で実際に商品が製造される様子をガラス越しに見学することができます。甘い香りが漂い、可愛くて楽しい♪
e0055176_14223029.jpg
e0055176_14223995.jpg
e0055176_14224940.jpg
ガラス越しに商品が作られている処。
e0055176_14235818.jpg
e0055176_14271274.jpg
e0055176_14263841.jpg
e0055176_1426551.jpg
ショップには
e0055176_14352596.jpg
e0055176_14354359.jpg
e0055176_14355660.jpg
e0055176_14484220.jpg
隣にフードコートがあるので、ロイズで買ったクッキーにスタバのコーヒーで一息。
e0055176_14451589.jpg
e0055176_1449427.jpg

新千歳にいらした折にはぜひお立ち寄りください。私もまた来てみたいです。
by nhana19 | 2015-08-26 23:25 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~帰路~
利尻礼文には羽田⇒飛行機で稚内⇒稚内からフェリーで利尻島へまたは礼文島へというコースもあるのですが、今回のツァーは、羽田⇒新千歳、新千歳から乗り換えて利尻空港へというものでした。
利尻礼文に行くときは、雲のじゅうたんでほとんど何も見えませんでしたが、
e0055176_10203617.jpg
降りるとき、今日上ったペシ岬はよく見えました。
e0055176_10221021.jpg


帰りはよく見えましたね~~。
飛行機の窓から見える景色は、先程上ったペシ岬あたりかな~~
e0055176_15155246.jpg

石狩川?
e0055176_105167.jpg

蝦夷富士と呼ばれている羊蹄山?
e0055176_1055857.jpg
右に見えるのは函館。函館山はあの辺かな…と夫と話を。
左にとがって見えるのは大間﨑。
e0055176_1071937.jpg

下北半島って本当に鉞の形していますね。中央尖っているのは大間崎、手前右下は寒立馬(かんだちめ)のいる尻屋﨑。
e0055176_1016514.jpg
e0055176_1016214.jpg
夕日は残念!雲の隙間からでした。
e0055176_1017194.jpg

by nhana19 | 2015-08-26 22:17 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~利尻島~
利尻島に戻ってきました。
鴛泊港、「海の駅おしどまり」内TSUKI CAFEでスープカレーを食べました。
カレー美味しかったし、正面に利尻岳を見ながらちょっと贅沢な時間を過ごしました。
e0055176_23431194.jpg
フリータイムまだ時間があったので、近くにあるペシ岬に上ることにしました。
e0055176_2202054.jpg
360度パノラマ、素晴らしい景色です。
e0055176_2211777.jpg
奥に平たく見えるのは礼文島
e0055176_225841.jpg
鴛泊の港後方には利尻岳
e0055176_2263678.jpg
もう少しゆっくりしていたいけど・・・

富士野園地、ここはエゾカンゾウの群生地です。
e0055176_22152989.jpg
6から7月には一面橙色に染まるそうです。
e0055176_22154856.jpg
田中陽希氏の「日本百名山・一筆書き達成記念プレート」がありました。
e0055176_22235710.jpg
ここからはポンモシリ島が間近に見えます。ポンモシリ島とはアイヌ語で小さな島という意味で、島にはウミネコが集団で営巣しコロニーとなっているそうです。
e0055176_2217658.jpg

吉永小百合さんの「北のカナリアたちロケ地」のプレートもありました。
e0055176_22262471.jpg

ここはもうすっかり秋の気配ですね。
e0055176_2227262.jpg

見る角度によって16の景色が見られるという利尻岳。空港から見ると山頂近くにあるローソク岩がよく見えます。
e0055176_222831100.jpg
e0055176_22284432.jpg
おととい到着したときには殆ど見えなかった利尻岳。今日同じ場所から見て、実に感慨深いものがあります。
e0055176_22315590.jpg

お天気に感謝
e0055176_22324862.gif

今度来るときはもっと長い時間いて、沢山歩きたいです。
サイクリングもいいですね。

「北のカナリアたち」って映画で見たのにあまり景色を覚えていません。
ビデオを借りてみてみたら、利尻礼文の素晴らしい景色に再会できると思います。
by nhana19 | 2015-08-25 21:01 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~礼文島 Ⅳ~
雲ひとつない最高の晴れ。
利尻岳を見ながらの朝食。久しぶりに野菜を食べた~~!
e0055176_18413736.jpg
レストランにこのような額が掛けられていました。
e0055176_1845585.jpg
朝食後、昨日ハイキングをした桃岩を今日は直下から見ます。
e0055176_184466.jpg
e0055176_1846315.jpg
桃台猫台と言うだけあって海岸にはこんな岩が。見る角度によって、耳がちょこんと出ていて猫に見えます。猫岩です。
e0055176_184838100.jpg
元地海岸にすっくと立っている奇岩、地蔵岩。
海から見るとまるでお地蔵さまが手を合わせているように見えるのだそうです。
e0055176_18512885.jpg
その近くには、これ何に見えます?イグアナ岩というそうです。
e0055176_18522916.jpg
めのう浜。子供の歯ほどのめのうがとれるとか。
e0055176_18542771.jpg
e0055176_18545049.jpg


礼文島の観光は終わり。これから利尻島に戻ります。
e0055176_18561717.jpg
船室はこんな風になっています。
e0055176_18582063.jpg
40分足らずなので、船室には居ず甲板から礼文島と利尻島を見ていました。
岬に灯台、そして右の方に赤い屋根の建物が見えています。ここは「北のカナリアパーク」
映画「北のカナリアたち」のロケ地です。行けなかったのが残念です。
e0055176_1925266.jpg
e0055176_193867.jpg
礼文島は遠くなり、前には利尻島が近づいてきます。なんて美しい。
e0055176_19124778.jpg

by nhana19 | 2015-08-25 18:37 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~礼文島 Ⅲ~
礼文島観光、午後からは桃岩展望台をハイキング。
あれが桃岩。本当に桃の形をしていますね^^
e0055176_10274145.jpg
e0055176_10275588.jpg
e0055176_12564485.jpg
高山植物を見ながら桃岩展望台へ。
e0055176_13303765.jpg
e0055176_1355480.jpg
e0055176_1374923.jpg
e0055176_12585555.jpg
利尻島の利尻岳も見えてきました。
e0055176_1385580.jpg
桃岩展望台です。下から見るほど桃には見えないかな^^。
e0055176_13101414.jpg
ここを転がっていったら海に着けそう。下に見えるのは桃台猫台、明日行くところです。
e0055176_1313711.jpg

最後に目の前に広がる素晴らしい景色を。
左右の稜線を目で追っていくとまさに一つの山、一つの島が形成されています。礼文島から見る利尻島は美しいですね。
e0055176_13204585.jpg

今日の観光終了。ホテルに帰ります。
レストランからこんな景色を見ながら
e0055176_1322331.jpg
e0055176_13223083.jpg
e0055176_13224195.jpg
ゆっくり温泉に入ってお休みなさいZzz...
by nhana19 | 2015-08-24 23:43 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~礼文島 Ⅱ~
礼文島は、海抜0メートルから高山植物が咲く希少な島です。『花の浮島』とも言われています。
礼文島は、利尻島のように島を車で1周することができません。
車道は東側半分にしかなく、西側はトレッキングコースになっていて車道はありません。
e0055176_22115518.jpg
澄海岬(すかいみさき)
誰もがこの場所の写真を見ると礼文島に行きたくなるそうです。
湾曲した断崖に囲まれた入江。晴れた日に見ることができるこの水の色を”礼文島ブルー”というそうです。今日は見られてうれしい♪
e0055176_2216388.jpg
e0055176_2218122.jpg

スコトン岬
日本最北の有人島、礼文島の一番北にある岬。ちなみに日本最北端は稚内宗谷岬。
正面無人島のとど島。最果てに来たな~としみじみ思う眺めですが、
e0055176_2351336.jpg
こんなところに民宿が・・・
トレッキングの人が泊まったりしているのではないかな?とガイドさんが言っていましたが、ここに泊まりながら過ごす夜はどんなでしょうね。
e0055176_2374135.jpg

お昼は船泊漁協直営店でキタムラサキウニとボタンエビの昼食。
e0055176_23161615.jpg
昼食会場のすぐ近くで『拾い昆布漁』を見ました。波が荒くて怖いくらい。
e0055176_23174997.jpg
船泊漁協でウニの殻むき体験を。漁協の人に見本を見せてもらいながら皆さん真剣にやっていらっしゃいました。あまりウニが好きではない私はパス。
e0055176_23233772.jpg

午後からは桃岩展望台コースをミニハイキングです。
by nhana19 | 2015-08-23 22:58 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~礼文島 Ⅰ~
今日はよく晴れました。
利尻島から礼文島には約40分の船旅になります。
e0055176_21355849.jpg
利尻島のりっぷちゃんがお見送りしてくれました。行ってきま~す♪
e0055176_21372060.jpg
今日は利尻岳別名利尻富士がよく見えますが、山頂にまとわりついた雲ははなかなか離れてくれません。
e0055176_21395337.jpg
e0055176_21402292.jpg
礼文島到着です。
e0055176_21424059.jpg
あつもん君がお出迎えしてくれました。
e0055176_21415329.jpg

by nhana19 | 2015-08-23 22:33 | 旅&歩く&見る&食べる
北海道 利尻・礼文旅行 ~利尻島~
お昼は新千歳空港でラーメンを。
夫はみそラーメン、私は期間限定の「道産野菜が盛りだくさんのラーメンサラダ」を食べましたが、やはりラーメンは美味しいですね。
e0055176_0264916.jpg

夕食は
e0055176_027873.jpg
タコシャブ
e0055176_0272540.jpg
ホタテのチャンチャン焼き
e0055176_029539.jpg
ウニの土瓶蒸し
e0055176_0293146.jpg
普通ウニを食べることができない私ですが、ここのは変な磯の香りもしないし、甘みがあってとても美味しかったです。
ご飯にのせて食べました^^♪
e0055176_031646.jpg

満足満足の夕飯でした。
by nhana19 | 2015-08-22 23:59 | 旅&歩く&見る&食べる