カテゴリ:映画( 50 )
映画 「魔笛」
新宿テアトルタイムズスクエアに映画「魔笛」を見に行ってきました。

神童と呼ばれたクラッシックの巨星モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラ「魔笛」は、1791年9月30日、ウイーン郊外のヴィーデン劇場で初めて演じられました。
なぜ生涯の最後の作品かというと、この年の12月5日に35歳で亡くなっているからです。

古代エジプトの神イシスとオシリスを奉る神殿の近くで、王子タミーノが大蛇に追われ逃げてくる。気絶したタミーノを救うため夜の女王に仕える3人の侍女が大蛇を見事に退治する・・・
この序曲から始まるモーツァルトのオペラを、第一次大戦のヨーロッパに舞台を置き換えてイギリスのケネス・ブラナー監督が映画化しました。
塹壕戦のさなか、兵士タミーノは戦場に立ち込める毒ガスに命を狙われる。気絶したタミーノを、夜の女王の侍女を務める3人の従軍看護婦が毒ガスを一掃して助ける・・・・・
原作のオペラでは大蛇になっているところを毒ガスに変え作っているストーリーは、世界情勢不安定な今の時代の平和へのメッセージなのかもしれませんが、映像もストーリーもなんともちぐはぐで目を閉じていたいとさえ思うものでした。 
でも・・・・・
「魔笛」全22曲のナンバー全てが演奏された本作で、音楽監督と指揮をつとめるのは、世界の一流歌手が競演を切望するというジェイムズ・コンロン。
ザラストロ役には、ドレスデン生まれで世界屈指のバスの一人として知られるルネ・パーペ
夜の女王役は、ロシア生まれのソプラノ歌手リューボフ・ペトロヴァ
タミーノ役には、たぐいまれな美声を持つ若手実力派テノール歌手ジョセフ・カイザー
など、世界最高峰といわれている歌手が集結していました。
とくに、ルネ・パーペのバスは素晴らしい~♪  Bravo! Bravo! Bravo!

モーツァルトの素晴しい原曲と、この作品で音楽監督をつとめたジェイムズ・コンロンさん、そして世界の名だたるオペラ歌手達に救われた作品だったと思いました。
サントラを聞いているだけで十分?・・・
by nhana19 | 2007-07-22 23:50 | 映画
試写会「夕凪の街 桜の国」
友人が誘ってくれたので、舞台挨拶付き試写会に行ってきました。
e0055176_101222.jpg
映画は「夕凪の街 桜の国」 
原作はこうの史代さんのアニメ本です。
こうのさんは2004年にこの本で、第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞しました。
難しい題材を扱った内容にも関わらず、韓国、フランス、アメリカ、オーストラリアなど十カ国で出版され、海外でも注目を集めているそうです。


舞台挨拶には誰が来てくれるのかな。九段会館の会場にはハープが置いてありました。
ハープの演奏だけ?そんなことないよね・・・吉沢悠君ファンの友人はドキドキ! 
舞台挨拶付き試写会など行ったことのない私はただ待つのみ。
始めに内田奈織さんによる映画のメインテーマ曲「夕凪の街 桜の国」が演奏されました。
ハープが片付けられた後、舞台挨拶には佐々部清監督、田中麗奈さん、麻生久美子さん、藤村志保さん、吉沢悠さん、伊崎充則さん、中越典子さんの豪華メンバーが登場。

「夕凪の街」
原子爆弾を落とされた広島の13年後。原爆で父と妹を亡くし、母親フジミと二人で貧しいながら平穏な暮らしをしている皆実。原爆の後遺症と自分が生き残った罪悪感に苦しむ皆美と、水戸のおばさんの家に疎開していて被爆を免れた皆実の弟旭、彼女に愛の告白をする会社の同僚打越など彼女をとり囲む人々の話。
「桜の国」
平成19年、東京の夏。定年退職した皆実の弟旭と一緒に暮らす娘の七波は、家族に内緒で出かけていく旭のあとをつけてみる。旭の行った先は広島。広島で父が立ち寄る先や会っている人々の姿を遠めに見ていくうちに、亡くなった祖母フジミや伯母皆実に思いをめぐらせる。

昭和33年と平成19年二つの時代を生きる二人の女性を通して、被爆2世・3世の方々の苦悩や被爆者に対しての差別など、原爆は60年以上経った今の生活にも影響を及ぼしてしまうものなのだということを知りました。
又、戦争や原爆の恐ろしさなどを多方面から教えられました。

今月28日から封切られます。
by nhana19 | 2007-07-19 23:45 | 映画
映画 「旅の贈りもの★0:00発」
 テアトル新宿に「旅の贈りもの★0:00発」見に行ってきました。
前回見逃した映画でした。
HPを見ていて、テアトル新宿で2週間だけ上映している事を知り新宿へ。

偶数月の第3金曜日、深夜0時00分に大阪駅を出発する3両編成の不思議な列車。
どこまで行くのか誰も知りません。往復9800円。
にぎやかなオバサンたち、鉄道マニアのおにいさん、若い恋人に裏切られたキャリアウーマン、リストラにあって家族に言えないでいるおじさん、亡くなった奥さんの写真とともに旅をする
初老の人、自殺サイトの仲間と集団自殺するつもりだったが決行日の集合時間に遅れ、自殺志願者たちとは会えずにふらりとこの列車に乗り込んだ若い子、屈託なく誰とでも話せる娘、色々な人達が乗った列車は翌朝、海辺にある「風町」という田舎町に到着します。


汽車を降り歩き始める人たち。村の人たちが微笑みかけたり、話しかけてくる。
優しく、どこか懐かしい風景の中で、列車から降りた人たちはどんな出会いをするのでしょう。

旅の終着駅となった「風町」は、実は架空の町で、この駅の撮影は、島根県と山口県 の県境
にある山陰本線の無人駅「飯浦」で行われたそうです。
そのほかの撮影も西日本各地で行われ、日本の原風景をたくさん見せてくれます。
映画の中で流れている曲が、なおさら懐かしさを感じさせてくれるかもしれません。
映画の中で村のお医者さんの役を演じている德永英明が歌うのは、彼が本作のために書き下ろした「happiness」。

e0055176_0103282.jpg幻の名列車 EF58-150(ゴハチ) が大阪に戻って行く時、エンディングを飾るのは、山口百恵を敬愛する中森明菜が歌う「いい日旅立ち」。

最後はJR東海のコマーシャルのようになってしまいましたが、心が温かくなるとても良い映画でした。
by nhana19 | 2006-11-14 23:38 | 映画
映画 「記憶の棘」
 今日は雨模様。
ミステリーツァーメンバーで、今日の見たい映画候補は3つ。
「記憶の棘」 「もしも昨日が選べたら」 「イルマーレ」 
映画館前で考えよう・・・ということになり・・・・・・・・
e0055176_1923330.jpg
 シネマイクスピアリの前で決まった映画は
ニコール・キッドマンの「記憶の棘」
彼女の美しさに惹かれて。

 10年前にジョギング中の夫ショーンを突然の心臓麻痺で失ったアナ。
10年経ってやっと愛する人にめぐり会い婚約パーティーを。その会場に現れた10歳の少年。
そして数日後のアナの母親の誕生パーティーに現れ、「アナと二人だけで話したい」という。
「あなたは誰?」と言うアナに、「It's me. It's me Shorn.」と答えたときにはゾク!
っとしました。とても10歳の少年(キャメロン・ブライト)とは思えない演技。
最初は少年のいたずらと思っていたアナも、彼女とショーンしか知らないことまで話し出した
少年に、もしかしたら、本当に夫の生まれ変わりかもしれないとまで思い「このまま二人で消えてしまいましょう。10年経ったらあなたは21歳になって、そうしたら私たち結婚できるわ。」と言うまでになってしまう。 ニコール・キットマンの目の揺らぎが美しい。

 はたして少年は夫の生まれ変わりか? 映画では結論を出していない。
ニコール・キットマンの美しさの映える映画で、とっても面白かったのですが、
私は結論の出ていない、どちらとも取れるあいまいな結末ってあまり好きではありません。
余韻を残しているのでしょうが「どっちかに決めてよ」と思ってしまう。想像力のない私。

e0055176_191845.jpg イクスピアリは今ハロウィンでにぎやかです。
何か甘いもの食べたいね・・・
梅園のクリーム白玉あんみつにするか
千疋屋でパフェを食べるか
やはり今はハロウィン。季節限定で行きましょう。
千疋屋の「かぼちゃのプリンパフィェ」にしました。
友人はやはり今の季節のブドウのババロアです。e0055176_116182.jpg
by nhana19 | 2006-09-26 19:00 | 映画
映画 「ユナイテッド 93」
  イクスピアリに 「ユナイッテド93」を見に行ってきました。
映画の中でのこの結末が、真実かそうでないかは別にして良い映画でした。

 いつもと同じ1日が始まろうとしていた2001年9月11日朝。
通信の途絶えていたアメリカン航空11便から、ハイジャック犯の声が入る。
その情報は防空指令センターに伝えられ臨戦体制がとられるが、アメリカン航空
11便の機影がマンハッタン上空でレーダーから消える。
その後見たものは・・・  ワールド・トレード・センター北棟に激突した飛行機。
始めそれは、間違って激突してしまった小型機か?と思われた。
その後、ユナイッテッド航空175便がワールド・トレード・センター南棟へ激突。
パニック状態の各管制センター、地区防空指令センター・・・
レーダーから消えた飛行機はないか、通信が途絶えた飛行機はないか一機ずつ
確認を取っていく管制センターの人々。
そのときアメリカ上空を飛んでいた航空機はおよそ4500機。
そして、三機目アメリカン航空77便が国防総省ペンタゴンへ激突。
最後に、ユナイッテッド航空93便はターゲットに達することなくペンシルベニア州
シャンクスヴィルで墜落。93便の機内で何が起こったのか。



 この映画には、俳優女優に混じって、実際のパイロットや、乗務員経験を持つ人、またSeptember 11 attack当日連邦航空管制センターに居た人などが演じています。
大統領を始め、国防総省、各地区防空指令センター、管制センターがどれだけパニックに
なり、なすすべもなく四機を失ってしまったかがこの映画で分かりました。
アメリカだけでなくどこでも、そして空だけでなく、地下鉄、公共施設でも起こるテロに対して
の防止策、連携マニュアルを日本もしっかり作っているでしょうか。
 
by nhana19 | 2006-08-25 20:52 | 映画
映画 「太陽」
 今話題の映画「太陽」を見に行ってきました。
銀座のあんな所に映画館があるなんて始めて知りました。
始め銀座シネパトスの1館だけで上映していたようですが、あまりの人気に2館で上映される
ことになりましたが、それでも私の行った日曜日はどの回も立ち見が出来るほど満員でした。
昭和天皇の「人間宣言」をするまでの苦悩を描いた作品で、天皇を描いた映画など、
日本での公開は不可能と言われたソクーロフ監督の傑作です。
期待をこめて見に行ったのですが・・・・
イッセー尾形、桃井かおり、佐野史郎それぞれ良い演技をしていました。
特に、イッセー尾形の演技のうまさには感嘆。
姿も似ているけれど、口元をもごもごさせる癖、「あ!そう」と言うときのイントネーションなど、
実に良く似ているのです。
研究し尽くして作られたと言う感じの映画に仕上がっていますが、ロシア人だから作れる
のかなと思いました。
終戦までは現人神であった天皇。
日本人には天皇を主人公にした作品は作り得ないでしょう。

はっきり言って、夫も私も・・・・・分からないね、でも、イッセー尾形の演技はすごい・・・・・・・
と言うだけの映画でした。
本当はもっと感動に値するだけのすばらしいものがあるのかもしれませんが・・・
ごめんなさい。
読み取ることが出来ませんでした。
by nhana19 | 2006-08-19 23:01 | 映画
映画 「日本沈没」
 映画「日本沈没」を見に行ってきました。
 小松左京の同名ベストセラー小説を、1973年に映画化した『日本沈没』を、
現代を背景にリメイクした作品。
前作は、日本が沈没し、日本人が流浪の民として世界に散っていくという悲劇的映画でしたが、
今回は・・・(いろいろ書いてしまって、あわてて消去しました。)
防衛庁や東京消防庁の全面的な撮影協力を得られたということで、その方たちと、
日本を代表する特撮スタッフが生み出した臨場感あふれるすばらしいスペクタクル映像は、
本物か、偽者かと思うほどリアル感がありました。


 希望は持てたとはいえ、もし日本が沈没したらと思うとゾォー・・・・・・・・
帰りがけダイエーで買い物していたら、思わずこんなものに目が行きました。
「防災用 パンの缶詰」  普段なら手にも取らないもの・・・思わず買ってしまいました。
by nhana19 | 2006-07-26 21:47 | 映画
M:i:Ⅲ
 e0055176_18155353.jpgトム・クルーズのM.i.Ⅲ行ってきました。

文句なしの娯楽映画。
とっても面白かったです。
あのテーマミュージックを
聞いただけでもう
うきうき、ワクワク。

信じられないようなアクション。
危ないようで、危なげなく、
死にそうで死なない。
安心して見ていられるけれど
でもドキドキ・・・


 アメリカ、ベルリン、ローマ、上海と舞台は変わって行き、
☆誰が本当の悪者なのか☆
コンピューター、ハイテク機器を使いながら、気持ちのよいほどのアクションと、スピード。
あっという間で、いつも途中寝てしまう私も、寝る隙を与えられず一気に見てしまいました。
こんな気分になったのはMr.&Mrs.スミス以来でしょうか。
最高のエンターテインメントでした!
by nhana19 | 2006-07-11 18:13 | 映画
映画そして山種美術館
 今日は夫の希望で、映画「ダヴィンチコード」を見に行ってきました。
私にとっては二度目。
前回は、それほど面白くなくて(期待しすぎたせいか)、途中寝ちゃったりして
やっぱり本のほうが絶対!と思っていたのに、慣れってすごいですね。
前回のストーリーをなぞりながら見ていたら、それはそれなりに面白かったです。

 その後、出たついでだからと、千鳥が淵を散歩しながら山種美術館へ・・・
「旅と画家」というテーマでやっていました。
上野のお山に行くと、混んでいるし、絵画の数は多いしで疲れてしまうのですが、
山種美術館は空いていて、程よい枚数でゆっくりと見ることが出来ました。
いいなと思ったのが石田武さんの「鳴門海峡」平成4年の作品だそうです。
イスがあったので、正面からじっくりと見ましたが吸い込まれそうでした。
e0055176_2217236.jpg

この山種美術館では、奥村土牛 が第44回院展(1959年)に出展した、戦後の日本画の
最高傑作といわれる『鳴門』を所蔵しているそうですが、これも是非見て見たいと思いました。
e0055176_22225217.jpg

この二人は、どんな思いを持ちながら鳴門の渦を描いたのでしょう。
・・・・・・ふと思ったのですが、鳴門の渦って時計回りだけ?
     潮の満ち干によって、左回りすることもあるのでしょうか?・・・・・・

出光美術館、ブリジストン美術館、根津美術館、ギャラリー、デパートの美術展なのど、
小さいところにも、これからは目を向けていこうかな。
by nhana19 | 2006-07-08 23:59 | 映画
ダヴィンチ・コード
 迷った末に見た映画「ダヴィンチ・コード」
ハーヴァード大学の図像学者ラングドンと暗号解読官ソフィーが謎を解いていく、
ダン・ブラウンの小説「ダヴィンチ・コード」の映画化。
小説の中にもあるように、ダン・ブラウンは図像学者ラングドンをハリソンフォードをイメージして
書いたようです。
「インディージョーンズ」シリーズ「レイダース/失われたアーク」(1981年作品)、「魔宮の伝説」
(1984年作品)、「最後の聖戦」(1989年作品)をみたら、本当にハリソンフォードにぴったりの
役かも知れません。
でも、最近見た「ファイヤ-ウォ-ル」では動きも、後姿もしっかりおじいちゃんになってしまって・・・齢をとるということは、残酷なものですね。
「ダヴィンチコード」の上映にあたって、トム・ハンクスに対して、「ダンブラウンさんはハリソン
フォードをイメージしてこの本を書かれたようですが、あなたはそれをどう思いますか?」という
質問がなされました。そのとき彼は「でも、選ばれたのは僕ですから。」というようなことを
言っていました。愚問とおもいながら、何と答えるのかな・・・と興味を持ちました。
トム・ハンクスはさすが役者。結構太っていたのに、顔が大分引き締まって知的に見えました。
オドレイ・トトゥも「アメリ」のイメージでいやだなと思っていましたが、こちらもさすが女優。
やせて、知的に、凛としてとっても美しく見えました。
イアン・マッケランって「ロード・オブ・ザ・リング」で魔法使いのガンダルフになった人ですよね。
こういう背広を着た普通の人の役でも、いい感じでしたね。
他にアルフレッド・モリナ、ジャン・レノ・・・

 フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…オプス・デイ、テンプル騎士団、フリーメイソン・・・
本を読んでいるので何となくは分かりますが、映画は”別物”として見たほうがいいようです。
景色や、雰囲気をつかむのには良かったと思います。
まだ行ったことのないパリのルーブル美術館。素晴らしかったです。
by nhana19 | 2006-06-19 19:00 | 映画